GuildQBがマジックエデンと提携、新作GameFiのシーズンパスになる「QB Gold Rush NFTs」販売へ

GuildQBがマジックエデンと提携、新作GameFiのNFTをローンチパッドで販売へ

Social Finance Limited運営のゲームギルド・Web3プラットフォームのGuildQBが、大手NFTマーケットプレイス「マジックエデン(Magic Eden)」とパートナーシップを締結したことを8月7日発表した。

そしてGuildQBが年内にリリース予定のマイニングGameFi「QB Gold Rush(QBゴールドラッシュ)」で使用可能なNFTコレクション 「QB Gold Rush NFTs」をマジックエデンのローンチパッドで販売することもあわせて発表した。

「QB Gold Rush」はGuildQBが開発及び企画、運営を行うブロックチェーン技術を活用したマイニングGameFiだ。プレイヤーはマイニングとキャラクターNFTを活用して、トークンを獲得できる。

ゲーム内でプレイヤーが鉱山マップに移動することでマイニングを開始でき、その後の操作は必要がない。いわゆる放置型ゲームで、プレイヤーは一定条件で放置するだけでトークンの報酬を獲得できる。なお「QB Gold Rush」はブラウザゲームとして開発が進められており、PCやスマホなどさまざまなデバイスでプレイすることが可能だ。

このゲームで活用できる 「QB Gold Rush NFTs」が「Magic Eden」のローンチパッドで8月末に販売開始予定だ。

 「QB Gold Rush NFTs」はプレセールとパブリックセールの方式で販売され、対応チェーンはBRC20となっており、ビットコインNFTが採用される。購入にはビットコインが必要で、販売価格は0.0033BTC(約100USD)を予定している。販売数量は2300枚、なお購入に関しては1WLあたり1枚となっている。

「QB Gold Rush」をプレイするには、GuildQBが発行する「キャラクターNFT」と「採掘アイテムNFT」という2種類のオリジナルNFTが必要になる。8月末に発売される 「QB Gold Rush NFTs」を保有することで、「QB Gold Rush」内で定期的に貴重なアイテムや採掘アイテムNFTを入手することができる仕組みになっている。

なおGuildQBは今回の 「QB Gold Rush NFTs」を第二弾NFTと位置付けており、第一弾としては今年2月に販売されたNFTコレクション「如月-KISARAGI-」がある。「如月-KISARAGI-」は「QB Gold Rush」内でキャラクターNFTとして利用できるようだ。

その他ゲームで使えるオリジナルNFTは複数用意され、GuildQBの外部関連プラットフォーム「QB Quest(QBクエスト)」のタスクを通じて獲得も可能とのこと。そのため、誰でも完全無料で「QB Gold Rush」をプレイすることもできるようだ。

GuildQBは今回のMAU2200万人以上を誇る世界最大級NFTマーケットプレイス「マジックエデン」とのパートナーシップを通じて、さらなる成長と発展を目指すとしている。

「QB Gold Rush」で利用できるNFT

キャラクターNFT
・KISARAGI
・QB badge NFT
・QB Gold Rush NFTs(8月末マジックエデンでローンチパッド)
・マイニングキャラクター

採掘アイテムNFT
・ツルハシ
・チョッキ
・ヘルメット

「QB Gold Rush NFTs」販売概要

販売方式:プレセール/パブリックセール
販売プラットフォーム:Magic Eden 
コレクション名: 「QB Gold Rush NFTs」
チェーン:BRC20
販売時期:8月末
購入方法(決済方法):BTC
販売数量:2300
販売価格:0.0033BTC (100USD)
購入制限:1WL 1枚

GuildQBとは

GuildQBはSocial Finance Limitedの運営するGameFiに特化したソーシャルWeb3プラットフォーム、およびNFTゲームプレイヤーによるコミュニティ。 

2022年春に発足して以来、独自のメディア「Scholars Lab」をはじめ、InstagramやTwitterにてNFTゲームの情報を発信してきた。独自のメタバースプラットフォームの「QB Metaverse City(仮)」の開発に加え、2023年2月には初のNFTコレクション「如月-KISARAGI-」をリリース。

SNS総フォロワー数が15万人を超える日本最大規模のゲームギルドだ。

GuildQBの最新情報はDiscordにて配信中だ。ALのランブルや、いずれ利用できるコインなどを獲得できる機会が提供されている。また、日々Web3ゲームのはじめ方や攻略法について話し合う仲間を見つけるのにも最適とのこと。今すぐ最新情報をチェック!

マジックエデン(MagicEden)とは

マジックエデン(Magic Eden)は22,000,000人以上のユーザーが毎月訪れる、8,000以上の高品質なNFTコレクションが販売されるNFTマーケットプレイス。Solana最大規模のNFTマーケットプレイスから、今ではEthereum、Polygon、Bitcoinのマルチチェーンに対応している。またMagic Edenのローンチパッドでは、プロジェクトがゲーミングコミュニティに参加し、コンテンツ制作の直接サポートやWeb3ゲーミングスペースのナビゲーションに関する貴重なインサイトを活用できる。Coinbase VenturesやParadigm、Greylock、Sequoia Capitalなど、業界をリードする投資家に支持されているNFTマーケットプレイスだ。

この記事の著者・インタビューイ

あたらしい経済 編集部

「あたらしい経済」 はブロックチェーン、暗号通貨などweb3特化した、幻冬舎が運営する2018年創刊のメディアです。出版社だからこその取材力と編集クオリティで、ニュースやインタビュー・コラムなどのテキスト記事に加え、ポッドキャストやYouTube、イベント、書籍出版など様々な情報発信をしています。また企業向けにWeb3に関するコンサルティングや、社内研修、コンテンツ制作サポートなども提供。さらに企業向けコミュニティ「Web3 Business Hub」の運営(Kudasaiと共同運営)しています。

これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

「あたらしい経済」 はブロックチェーン、暗号通貨などweb3特化した、幻冬舎が運営する2018年創刊のメディアです。出版社だからこその取材力と編集クオリティで、ニュースやインタビュー・コラムなどのテキスト記事に加え、ポッドキャストやYouTube、イベント、書籍出版など様々な情報発信をしています。また企業向けにWeb3に関するコンサルティングや、社内研修、コンテンツ制作サポートなども提供。さらに企業向けコミュニティ「Web3 Business Hub」の運営(Kudasaiと共同運営)しています。

これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

合わせて読みたい記事

【7/19話題】ポリゴンの「MATIC」から「POL」移行は9月4日に、コインチェック流出NEM収受事件の上告棄却など(音声ニュース)

ポリゴンラボ、「MATIC」の「POL」移行は9月4日に予定、最高裁、コインチェック流出NEM収受事件の上告を棄却、インド暗号資産取引所ワジールX、マルチシグウォレットのハッキング受け2億ドル超が不正流出、トランプが「ビットコインカンファレンス2024」で資金調達イベント実施か、1名参加費は約1.3億円=報道、ヴィタリック、「親クリプト派という理由だけで候補者を選ぶべきでない」と警告、米クラーケン、機関投資家向けカストディサービスを英国と豪州に拡大、コインベースにゲーム特化型L2「Ancient8(A8)」上場へ、香港金融管理局「ステーブルコイン発行者サンドボックス」にアニモカブランズら参加

Sponsored