「Runes」ローンチでビットコインの手数料収入が急騰、過去最高クラスへ

Runesがローンチ、ビットコインの手数料収入が急騰

ビットコイン(BTC)ネットワークは4月20日9:12頃にマイナーのブロック報酬を半分にするイベント、半減期を迎えた。しかし、その半減期後に生成された数ブロックの手数料収入が大きく急騰した。

今回の半減期後に歴代2~9位となるブロック生成報酬が発生。半減期を迎えた最初の840,000ブロックが、歴代2位となる報酬を獲得している。

このような手数料収入急騰の背景には、半減期を機に登場したビットコインネットワーク上のトークン規格「ルーンズ(Runes)」が関係している。

ルーンズの登場後、すぐに様々なトークンが発行・取引されており、手数料収入が高騰している中でビットコインネットワークのトランザクションのうち57パーセントが「ルーンズ」に関するトランザクションだったとのこと。

すでに「ルーンズ」のサポートを発表している暗号資産取引所もいくつかあり、オーケーエックス(OKX)やゲートアイオー(Gate.io)などの暗号資産(仮想通貨)取引所は、「ルーンズ」規格のトークンを上場させている。

「ルーンズ」は、ビットコインネットワークのトークンプロトコル「ビットコインオーディナルズ(Bitcoin Ordinals)」の開発者ケイシー・ロダーマー(Casey Rodarmor)氏が昨年9月に提案した、新たなビットコインネットワーク上のトークン規格だ。

同規格は「オーディナルズ」を利用した「BRC-20」に代わる新たな規格で、「BRC-20」の抱える問題を軽減している。「BRC-20」にはその仕組み上、ビットコインネットワーク上に「UTXO(Unspent Transaction Output)」の数を大きく増やしてしまう問題が存在する。UTXOは未使用のトランザクション残高のことで、ビットコインネットワークでは口座のようなアカウントごとの残高データを管理せずUTXOの集計によって残高を算出する。

「ルーンズ」は「UTXO」の利用を前提に作成されたプロトコルであるため、「UTXO」の数を不用意に増やすことなく、ビットコインネットワークのデータベース圧迫を軽減、ガス効率の軽減も実現しているとのこと。

「オーディナルズ」はビットコインネットワークのクライアントソフトウェア「ビットコインコア」の開発者の一人であるルーク・ダッシュジュニア(Luke Dashjr)氏がスパムだとみなしており、削除する考えも見せているため「ルーンズ」の登場によるネットワーク圧迫の改善が期待されている。

関連ニュース

images:Reuters

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

田村聖次

和歌山大学システム工学部所属
格闘技やオーケストラ、茶道など幅広い趣味を持つ。
SNSでは、チェコ人という名義で、ブロックチェーンエンジニアや、マーケターとしても活動している。「あたらしい経済」の外部記者として記事の執筆も。

和歌山大学システム工学部所属
格闘技やオーケストラ、茶道など幅広い趣味を持つ。
SNSでは、チェコ人という名義で、ブロックチェーンエンジニアや、マーケターとしても活動している。「あたらしい経済」の外部記者として記事の執筆も。

合わせて読みたい記事

【5/22話題】車のサブスクKINTOが安全運転でNFT発行の実証実験、メルカリがイーサリアム取引サービス開始など

トヨタのサブスクKINTO、安全運転ドライバーにNFT(SBT)発行の実証実験、メルカリ、イーサリアム(ETH)取引サービス開始、イーサリアム現物ETF上場承認に期待、SECが取引所に申請書修正を要請、共和党トランプ陣営、複数の暗号資産で政治資金の寄付受け入れ開始、NTTデジタルが新プロジェクト「web3 Jam」立ち上げ、ブロックチェーン活用で円滑な企業連携めざす、ブラジル中央銀行、暗号資産規制について年末での提案を計画、ビットトレードにソラナ(SOL)上場へ、SBIホールディングス、ブロックチェーンノードサービス提供のChainstackへ出資