バイナンス、ビットコイン「Ordinals」NFTの取引・ミント対応のプラットフォーム立ち上げ

Binance Inscriptions Marketplace立ち上げ

大手暗号資産(仮想通貨)取引所バイナンス(Binance)が、「バイナンス・インスクリプションズ・マーケットプレイス(Binance Inscriptions Marketplace)」の立ち上げを2月1日発表した。 

同マーケットプレイスは、ビットコイン「オーディナルズ(Ordinals)」のインスクリプション(NFT)を取引・ミント(鋳造/発行)できるプラットフォーム。

また同プラットフォームは、「バイナンスWeb3ウォレット(Binance Web3 Wallet)」に統合されており、ユーザーはインスクリプションやBRC-20トークン、EVM互換チェーンのインスクリプションを取引・ミントできるとのこと。

またインスクリプションの管理や、「バイナンスWeb3ウォレット」とバイナンス取引所の間でインスクリプションをワンクリックで移動することも可能だという。

なお「バイナンスWeb3ウォレット」は、昨年11月に提供開始された、バイナンスアプリ内で稼働するセルフカストディ(自己管理)型のウォレットである。

その他にも「バイナンス・インスクリプションズ・マーケットプレイス」では、オーディナルズを処理する際に重要となるビットコイントランザクションを大幅に高速化する為のBTCトランザクションアクセラレーターがサポートされているとのこと。

さらに同プラットフォームでは、ビットコイン規格トークンのマーケットプレイス型ウォレットである「ユニサットウォレット(UniSat Wallet)」 のAPIが活用されているという。これにより「バイナンス・インスクリプションズ・マーケットプレイス」の機能が強化され、ユーザーに幅広いオプションと流動性が提供されるとのことだ。

オーディナルズとは

「オーディナルズ」は、ビットコインの最小単位である1satoshi(0.00000001BTC)に通し番号をつけ、ひとつのsatoshiに任意のデータを紐づけるプロトコルだ。2021年11月に実施されたアップグレードである「タップルート(Taproot)」を経て「オーディナルズ」は実現した。

「オーディナルズ」を利用したトークン規格は代替可能トークンのみならず、NFT(非代替性トークン)のための規格も存在している。

またバイナンスのリサーチ部門は今年1月に2024年の注目部門に関するレポートを発表しており、その中で昨年のビットコインについて、「オーディナルズ」やBRC-20トークン、現物ビットコインETFの承認への期待、そして今年迎える半減期等の要因に後押しされ、注目され続けた1年であったと述べている。

またBRC-20トークンと「オーディナルズ」は、ビットコインの進化における0から1の革新を遂げたと評価されている。

関連ニュース

参考:バイナンス
images:iStocks/your_photo・dalebor

この記事の著者・インタビューイ

一本寿和

「あたらしい経済」編集部
記事のバナーデザインを主に担当する他、ニュースも執筆。
「あたらしい経済」で学んだことを活かし、ブロックチェーン・NFT領域のバーチャルファッションを手がけるブランド「JAPAN JACKET」を2021年10月より共同創業。

「あたらしい経済」編集部
記事のバナーデザインを主に担当する他、ニュースも執筆。
「あたらしい経済」で学んだことを活かし、ブロックチェーン・NFT領域のバーチャルファッションを手がけるブランド「JAPAN JACKET」を2021年10月より共同創業。

合わせて読みたい記事

【4/17話題】アバランチ上にトークン化のホームエクイティローン、a16zが新ファンドで72億ドル調達など

米ホミウムが「ホームエクイティローン」をトークン化、Avalancheで発行、a16z、5つの新ファンドで72億ドル調達、オフチェーンラボ、新たな不正行為証明「Arbitrum BOLD」をテストネットローンチ、ペイパル、NFTの購入者と出品者を保護プログラムの対象外に、ソラナ上のDEX「ドリフト」、独自トークン「DRIFT」のエアドロップ実施へ、ドイツ連邦銀行とMIT、「中銀デジタル通貨」の共同研究

ソラナ上のDEX「ドリフト」、独自トークン「DRIFT」のエアドロップ実施へ

ソラナ(Solana)上の分散型取引所(DEX)「ドリフト(Drift)」の独自トークン「DRIFT」のエアドロップ実施とその割り当て数が公開された。「ドリフト」のDAO(自立分散型組織)「ドリフトDAO財団(Drift DAO Foundation)」が4月16日発表した。なおエアドロップの実施日については明らかになっていない

【4/16話題】香港でビットコインとイーサリアムの現物ETFが承認、STEPNがアディダスとNFTスニーカーなど

香港SFC、ビットコインとイーサリアムの現物ETFを承認、STEPNがアディダスと提携、1000個限定のコラボNFTスニーカー発売へ、独連邦銀行LBBW、暗号資産カストディ事業に参入へ、お好み焼専門店「千房」がLINE NEXTと提携、クーポン等をNFTで販売へ、アスターの「Astar zkEVM」が問題解決で正常稼働、「Polygon CDK」に原因と報告、モジュール型ブロックチェーン「Avail」がエアドロップ実施か、X匿名アカウントがリーク、ブエノスアイレス当局がワールドコイン(WLD)提訴、ユーザー保護法違反で1.7億円の罰金可能性も