暗号資産ウォレット「Phantom」、ビットコインおよびオーディナルズをサポート開始

「Phantom」がビットコインおよびオーディナルズをサポート開始

暗号資産(仮想通貨)ウォレット「ファントム(Phantom)」が、ビットコイン(BTC)およびビットコインオーディナルズ(Bitcoin Ordinals)のサポート開始を12月21日発表した。

「ファントム」によると、ビットコイン用のアドレスの利用はブラウザ拡張機能版、モバイルアプリ版の両方で利用可能であるとのこと。

現在この機能はベータ版であり、標準ではオフになっている。そのため設定をオンに切り替えることで利用可能になるという。

またシークレットリカバリーフレーズを用いることで、既存のビットコインやオーディナルズ用のウォレットをインポートして使用可能である。

なおオーディナルズをサポートしているため、ビットコインネットワークでのNFTだけでなく、BRC-20のようなFT(ファンジブルトークン)も取り扱いできるとのことだ。

今回発表されたビットコインおよびオーディナルズのサポート開始によって「ファントム」では、ビットコインやオーディナルズ、BRC-20トークンの購入、販売、取引、転送が可能になる。

またオーディナルズによるNFTの表示や閲覧、検索、ピン留めできるだけでなく、自動スパム検出によりスパムオーディナルズが自動的にフィルタリングされる機能も搭載しているという。

「ファントム」は現在ソラナ(Solana)、イーサリアム(Ethereum)、ポリゴンPoS(Polygon PoS)に対応しており、ビットコインをサポートしたことで合計4つのネットワークをサポートすることになった。

同社はブログにて、「ファントムでビットコインのサポートを開始できることを嬉しく思います。今後は、中央集権的な取引所でBTCを保有したり、オーディナルズを収集するために見慣れないウォレットをダウンロードしたりする必要はありません」と語っている。

「オーディナルズ」は、ビットコインの最小単位である1satoshi(0.00000001BTC)に通し番号をつけ、ひとつのsatoshiに任意のデータを紐づけるプロトコルだ。2021年11月に実施されたビットコインネットワークのアップグレードである「タップルート(Taproot)」を経て「オーディナルズ」は実現した。

関連ニュース

参考;ファントムブログ
images:iStocks/Nature

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

田村聖次

和歌山大学システム工学部所属
格闘技やオーケストラ、茶道など幅広い趣味を持つ。
SNSでは、チェコ人という名義で、ブロックチェーンエンジニアや、マーケターとしても活動している。「あたらしい経済」の外部記者として記事の執筆も。

和歌山大学システム工学部所属
格闘技やオーケストラ、茶道など幅広い趣味を持つ。
SNSでは、チェコ人という名義で、ブロックチェーンエンジニアや、マーケターとしても活動している。「あたらしい経済」の外部記者として記事の執筆も。

合わせて読みたい記事

【5/17話題】スラッシュがSlash Vプリカ SHOP開始、SECのSAB121覆す決議案が可決など

スラッシュが「Slash Vプリカ SHOP」開始、暗号資産でVプリカ購入可能に、米上院、SECの暗号資産会計ルール「SAB121」を覆す決議案を可決、インド証券取引委員会、暗号資産取引の監督に前向き、準備銀行とは対照的に、仏証券監督当局、投資家にBybitの無登録営業を警告、KuCoin、ナイジェリアの規制準拠に向け一部サービスを停止、米CME、ビットコイン現物取引の提供検討か=報道、リップル、「XRP Ledger」をコスモスのインターチェーンに接続、マスターカードがカーボンクレジットのトークン化における概念実証完了、スタンダードチャータード銀行らと、DTCC、大手銀行らとファンドのトークン化推進する「Smart NAV」の実証実験完了。チェーンリンク活用で

︎マスターカードがカーボンクレジットのトークン化における概念実証完了、スタンダードチャータード銀行らと

決済大手の米マスターカード(Mastercard)が、スタンダードチャータード銀行香港(Standard Chartered Hong Kong:SCBHK)及びその関連会社と、顧客預金およびカーボンクレジットのトークン化における試験的な概念実証(proof-of-concept pilot:PoC pilot)の完了を5月14日発表した