サザビーズ、ビットコイン「Ordinals」のオークション入札開始

19点が出品

米オークションハウス大手のサザビーズ(Sotheby’s)が、ビットコイン「オーディナルズ(Ordinals)」のキュレーション・コレクションの入札を開始した。

「Natively Digital: An Ordinals Curated Sale」と呼ばれる同オークションでは、「オーディナルズ」のアーティストであるシュルーム・トシ(Shroom toshi)氏の作品、ジェネレイティブNFT、「オーディナルズ」ブランドの「タップルートウィザーズ(Taproot Wizards)」に関連するアイテムなど、19点が出品されている。

なお同オークションは、1月22日午後2時(米国東部時間)に終了となる。

ササビーズは昨年12月、「オーディナルズ」プロジェクトの作品に関する初のオークションを開催した。

同オークションでは、シュルーム・トシ氏がデザインした「ビットコインシュルームズ(BitcoinShrooms)」のコレクションが出品された。出品されたのは、キノコのようなキャラクターの「S」、王冠を被ったキャラクターの「SOVEREIGN INDIVIDUAL」、アボカドを模した「BIP39 SEED」の3点で、予想入札価格は、それぞれ約2万ドル~3万ドル(当時の価格で約290万円~440万円)とされていた。

サザビーズによれば、同オークションは終了時に450,850ドル(約6,543万円)の値を付け、3点の合計見積もり額の5倍を上回ったという。

「オーディナルズ」は、ビットコインの最小単位である1satoshi(0.00000001BTC)に通し番号をつけ、ひとつのsatoshiに任意のデータを紐づけるプロトコルだ。2021年11月に実施されたアップグレードである「タップルート(Taproot)」を経て「オーディナルズ」は実現した。

「オーディナルズ」を利用したトークン規格は代替可能トークンのみならず、NFT(非代替性トークン)のための規格も存在している。

関連ニュース

参考:サザビーズ
images:iStock/AdrianHillman・LongQuattro

この記事の著者・インタビューイ

髙橋知里

「あたらしい経済」編集部 記者・編集者
同志社大学神学部を卒業後、放送局勤務を経て、2019年幻冬舎へ入社。
同社コンテンツビジネス局では書籍PRや企業向けコンテンツの企画立案に従事。「あたらしい経済」編集部では記事執筆を担当。

「あたらしい経済」編集部 記者・編集者
同志社大学神学部を卒業後、放送局勤務を経て、2019年幻冬舎へ入社。
同社コンテンツビジネス局では書籍PRや企業向けコンテンツの企画立案に従事。「あたらしい経済」編集部では記事執筆を担当。

合わせて読みたい記事

【4/18題】TikTokのByteDance子会社がSui採用、ワールドコインが「World Chain」今夏ローンチへ

TikTokのByteDance子会社、ゲーム等のサポート事業に「Sui」採用、ワールドコイン(WLD)、独自のイーサリアムL2「World Chain」今夏ローンチへ、日銀、「中銀デジタル通貨」の連絡会議の中間整理を報告、EY、企業向け契約管理ソリューション「EY OCM」ローンチ。イーサリアム上で、ニュージーランド中銀、デジタル通貨の開発協議スタート

【4/17話題】アバランチ上にトークン化のホームエクイティローン、a16zが新ファンドで72億ドル調達など

米ホミウムが「ホームエクイティローン」をトークン化、Avalancheで発行、a16z、5つの新ファンドで72億ドル調達、オフチェーンラボ、新たな不正行為証明「Arbitrum BOLD」をテストネットローンチ、ペイパル、NFTの購入者と出品者を保護プログラムの対象外に、ソラナ上のDEX「ドリフト」、独自トークン「DRIFT」のエアドロップ実施へ、ドイツ連邦銀行とMIT、「中銀デジタル通貨」の共同研究

ソラナ上のDEX「ドリフト」、独自トークン「DRIFT」のエアドロップ実施へ

ソラナ(Solana)上の分散型取引所(DEX)「ドリフト(Drift)」の独自トークン「DRIFT」のエアドロップ実施とその割り当て数が公開された。「ドリフト」のDAO(自立分散型組織)「ドリフトDAO財団(Drift DAO Foundation)」が4月16日発表した。なおエアドロップの実施日については明らかになっていない