サザビーズ、初の「ビットコイン・オーディナルズ」のオークション開催へ

オーディナルズの作品が初オークション

米オークションハウス大手のサザビーズ(Sotheby’s)が、ビットコインNFT「オーディナルズ(Ordinals)」プロジェクトの作品に関する初のオークションを開催すると発表した。

同オークションでは、アーティストのシュルーム・トシ(Shroom toshi)氏がデザインした「ビットコインシュルームズ(BitcoinShrooms)」のコレクションが出品される。

なお同コレクションは10月にオンチェーン上でミント(鋳造)されたとのこと。「ビットコインシュールームズ」のサイトによれば、同コレクションは「史上初のオーディナルズコレクション」だという。

トシ氏は、作品について、ビットコイン(BTC)の最初の13年間をピクセルアートで振り返るものであり、90年代へのノスタルジーを表す8ビットスタイルアートへのオマージュが込められていると説明している。

現在出品されている作品はキノコのようなキャラクターの「S」、王冠を被ったキャラクターの「SOVEREIGN INDIVIDUAL」、アボカドを模した「BIP39 SEED」の3点で、予想入札価格は、それぞれ約2万ドル~3万ドル(約290万円~440万円)とされている。

ちなみに「S」は「Self-Sovereignty(自己主権)」を意味しているとのこと。また「SOVEREIGN INDIVIDUAL」は「主権を持つ個人」という意味であり、1998年にウィリアム・リーズ=モグとジェームズ・デイル・デビッドソンによって書かれたノンフィクションエッセイの「The sovereign individual」にちなんでいるという。同エッセイでは、政府の管理外に置かれることを目的とした暗号ベースのデジタル通貨の出現が予測されている。

また「BIP39 SEED」も自己主権を表現するアートで、ビットコインアドレスとそれに対応する秘密鍵を生成する固有の12~24語のリスト(シードフレーズ)を表現したものだ。

なお、このコレクションのオークションは12月6日から12月13日まで行われる。

「オーディナルズ」は、ビットコインの最小単位である1satoshi(0.00000001BTC)に通し番号をつけ、ひとつのsatoshiに任意のデータを紐づけるプロトコルだ。2021年11月に実施されたアップグレードである「タップルート(Taproot)」を経て「オーディナルズ」は実現した。

「オーディナルズ」を利用したトークン規格は代替可能トークンのみならず、NFT(非代替性トークン)のための規格も存在している。

サザビーズは2021年からNFTのオークションを開始している。

2021年9月には、人気NFTコレクション「101BoredApeYachtClub(ボアードエイプヨットクラブ)」が約2440万ドル(当時の価格で約26億円)にて落札されている。

関連ニュース

参考:サザビーズビットコインシュルームズ
images:iStocks/Arkadiusz-Warguła・artacet・LongQuattro

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

髙橋知里

「あたらしい経済」編集部 記者・編集者
同志社大学神学部を卒業後、放送局勤務を経て、2019年幻冬舎へ入社。
同社コンテンツビジネス局では書籍PRや企業向けコンテンツの企画立案に従事。「あたらしい経済」編集部では記事執筆を担当。

「あたらしい経済」編集部 記者・編集者
同志社大学神学部を卒業後、放送局勤務を経て、2019年幻冬舎へ入社。
同社コンテンツビジネス局では書籍PRや企業向けコンテンツの企画立案に従事。「あたらしい経済」編集部では記事執筆を担当。

合わせて読みたい記事

【3/1話題】イーサL2「Blast」がメインネットローンチ、ワールドコインのTFHがSolanaウォレット企業買収など

イーサL2「Blast」、メインネットをリリース、ワールドコイン(WLD)関連企業TFHがSolanaウォレット「Ottr」買収。チームは「World App」開発に移行、GINKAN、「実世界の決済データとNFT情報を統合する技術」で特許取得、バイナンスにクロスチェーンプロトコル「Axelar(AXL)」上場へ、オーケーコインジャパンにエイプコイン(APE)上場へ、米マイニング企業マラソン、ビットコイン(BTC)のL2ネットワーク「Anduro」をローンチ、テレグラム、TONブロックチェーンで広告収入共有へ、香港が「デジタル人民元」の試験運用範囲拡大へ、クロスボーダー決済効率化で、グレースケール、SECに「現物ビットコインETF」のオプション承認を働きかける

ワールドコイン(WLD)関連企業TFHがSolanaウォレット「Ottr」買収。チームは「World App」開発に移行

暗号資産(仮想通貨)プロジェクト「ワールドコイン(Worldcoin)」関連企業のツールズ・フォー・ヒューマニティ(TFH:Tools For Humanity)が、ソラナ(Solana)基盤のウォレット「オットルウォレット(Ottr Wallet)」開発元のオットルファイナンス(Ottr Finance)を買収した