ロビンフッドがEUで「Robinhood Crypto」提供開始、取引でBTC付与特典も

ロビンフッドがEUで「Robinhood Crypto」提供開始

投資アプリ提供の米ロビンフッド・マーケッツ(Robinhood Markets)が、EU(欧州連合)の対象顧客向けに「ロビンフッドクリプト(Robinhood Crypto)」アプリを提供開始したことを12月7日発表した。

「ロビンフッドクリプト」は、26銘柄の暗号資産(仮想通貨)の購入・販売・保管が可能なプラットフォーム。EUにおいてiOSおよびアンドロイド版で提供されるとのこと。

なおトークンの追加や転送、ステーキング、アプリ内での学習報酬については2024年に開始される予定とのことだ。

また「ロビンフッドクリプト」では、サインアップおよび友達紹介にて、最大で1ビットコイン(BTC)が受け取れる特典が提供されるとのこと。

またユーザーは暗号資産の売買により、一定の割合でBTCが獲得できるという。1か月で0.1ユーロ以上の取引を行うとBTC報酬を受け取る権利が得られるとのことだ。

なおEUで提供される「ロビンフッドクリプト」では、Aave(AAVE)、Cardano(ADA)、Cosmos(ATOM)、Avalanche(AVAX)、Bitcoin Cash(BCH)、Bitcoin(BTC)、Compound(COMP)、Dogecoin(DOGE)、Polkadot(DOT)、EOS(EOS)、Ethereum Classic(ETC)、Ethereum(ETH)、Fantom(FTM)、The Graph(GRT)、Chainlink(LINK)、Litecoin(LTC)、Decentraland(MANA)、Polygon(MATIC)、Near(NEAR)、Sandbox(SAND)、Shiba Inu(SHIB)、Solana(SOL)、Uniswap(UNI)、Stellar Lumens(XLM)、Ripple(XRP)、Tezos(XTZ)の26銘柄がサポートされるとのことだ。

関連ニュース

参考:ロビンフッド
images:iStocks/Ninja Studio・Molnia

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

大津賀新也

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

合わせて読みたい記事

【3/1話題】イーサL2「Blast」がメインネットローンチ、ワールドコインのTFHがSolanaウォレット企業買収など

イーサL2「Blast」、メインネットをリリース、ワールドコイン(WLD)関連企業TFHがSolanaウォレット「Ottr」買収。チームは「World App」開発に移行、GINKAN、「実世界の決済データとNFT情報を統合する技術」で特許取得、バイナンスにクロスチェーンプロトコル「Axelar(AXL)」上場へ、オーケーコインジャパンにエイプコイン(APE)上場へ、米マイニング企業マラソン、ビットコイン(BTC)のL2ネットワーク「Anduro」をローンチ、テレグラム、TONブロックチェーンで広告収入共有へ、香港が「デジタル人民元」の試験運用範囲拡大へ、クロスボーダー決済効率化で、グレースケール、SECに「現物ビットコインETF」のオプション承認を働きかける

ワールドコイン(WLD)関連企業TFHがSolanaウォレット「Ottr」買収。チームは「World App」開発に移行

暗号資産(仮想通貨)プロジェクト「ワールドコイン(Worldcoin)」関連企業のツールズ・フォー・ヒューマニティ(TFH:Tools For Humanity)が、ソラナ(Solana)基盤のウォレット「オットルウォレット(Ottr Wallet)」開発元のオットルファイナンス(Ottr Finance)を買収した