米ロビンフッドが暗号資産ウォレットをiOSで正式公開、全世界ユーザー利用可能に

ロビンフッド、暗号資産アプリをiOSユーザーへ正式リリース

米投資アプリのロビンフッド提供の暗号資産(仮想通貨)ウォレット「ロビンフッドウォレット(Robinhood Wallet)」が、全世界で利用可能となった。ロビンフッド・マーケッツ(Robinhood Markets)が3月1日発表した。

発表同日朝(現地時間)に「ロビンフッドウォレット」は全iOSユーザーへ正式に公開され、Appleアプリストアからダウンロードが可能となった。これに伴いロビンフッドは期間限定のキャンペーンを実施。新たにロビンフッドウォレットを起動し、ロビンフッドクリプトから10ドルの暗号資産(仮想通貨)を送金すると最大で5USDCを獲得でき、または別のウォレットや取引所から10ドル送金すると1USDCを獲得できるとのことだ。

なお事前に公開していたウェイトリストには、100万人を超えるユーザーが登録していたという。昨年9月から一部ユーザーにはベータ版が提供されていたが、今回残りのユーザーにも「ロビンフッドウォレット」公開の通知が行われたようで、プレスリリース公開時点ですでに130カ国以上でダウンロードされたという。

ロビンフッドウォレットはユーザーが秘密鍵を管理するノンカストディアル型のウォレットで、幅広いdapps(分散型アプリケーション)に接続可能とのこと。同ウォレットは昨年5月に開発中であることが発表され、同年9月にベータ版が公開されていた。

ロビンフッドウォレットは現在ポリゴン(MATIC)とイーサリアム(ETH)ネットワークに対応している。なおサポートされているトークンは、ポリゴン(MATIC)、イーサリアム(ETH)の他、コンパウンド(COMP)、シバイヌ(SHIB)、ソラナ(SOL)、ユニスワップ(UNI)、USドルコイン(USDC)などを含む50以上のERCトークンだ。またユーザーはイーサリアムとポリゴンの両方のNFTを閲覧・保存できる。

ロビンフッドクリプト(Robinhood Crypto)のGMであるヨハン・ケルブラット(Johann Kerbrat)氏は、「ロビンフッドウォレットのベータ版開始以来、私たちが受け取ったフィードバックは非常に肯定的なものだった。デジタル資産を自己保管し、Polygonのネットワーク手数料なしでスワップできる機能は非常に評価されている。またより多くのチェーンで多くのコインにアクセスしたいという声を受けて今回、イーサリアムのサポートを追加した。ここ数ヶ月、暗号資産業界は騒然としているが、私たちはロビンフッドを最も信頼でき、低コストかつ使いやすい暗号資産への入口とするという使命に引き続き取り組んでいく」とコメントしている。

関連ニュース

参考:ロビンフッド
デザイン:一本寿和

images:iStocks/-GOCMEN–

この記事の著者・インタビューイ

髙橋知里

「あたらしい経済」編集部 記者・編集者
同志社大学神学部を卒業後、放送局勤務を経て、2019年幻冬舎へ入社。
同社コンテンツビジネス局では書籍PRや企業向けコンテンツの企画立案に従事。「あたらしい経済」編集部では記事執筆を担当。

「あたらしい経済」編集部 記者・編集者
同志社大学神学部を卒業後、放送局勤務を経て、2019年幻冬舎へ入社。
同社コンテンツビジネス局では書籍PRや企業向けコンテンツの企画立案に従事。「あたらしい経済」編集部では記事執筆を担当。

合わせて読みたい記事

【4/12話題】ワールドコインのユーザー数が1000万人、メルカリのビットコイン取引サービス利用者数200万人など

ワールドコイン(WLD)、「World App」ユーザー数が1000万人突破、メルカリのビットコイン(BTC)取引サービス、利用者数200万人突破。サービス開始1年で、米サークル、ブラックロックのトークン化ファンド「BUIDL」を「USDC」に交換可能に、川崎重工とSettleMint、ブロックチェーン活用による品質管理の実証実験、GMOコイン、レバレッジ取引に6銘柄追加。ソラナ(SOL)やコスモス(ATOM)など、米ドルステーブルコイン「FDUSD」、Sui(SUI)上にローンチ、Bitfinex Securities、ヒルトンホテルへの資金提供としてエルサルバドル初のトークン化債券を導入、バイナンス、米当局と和解後にコンプライアンス遵守へ向け注力、新CEO語る、a16z crypto、ゼロ知識証明を用いたソリューション「Jolt」リリース、米クラーケン、アイルランドとベルギーで「モネロ(XMR)」上場廃止へ