米ロビンフッドのBTC保有数が3位、ETHは5位であることが判明

ロビンフッドの保有数BTCが3位、ETHが5位であると判明

株式や暗号資産(仮想通貨)の取引アプリを提供する米ロビンフッド・マーケット(Robinhood Markets)が保有するビットコイン(Bitcoin)の枚数が全保有者の中で3位、またイーサリアム(Ethereum)の枚数については5位であることが明らかにされた。

オンチェーン情報を追跡するためのインテリジェンス・プラットフォーム「アーカム(Arkham)」が公式X(旧ツイッター)にて8月30日及び31日に報告した。ただしロビンフッドはこの件について、正式な発表は行っていない。

「アーカム」のデータによると、ロビンフッドは単一のウォレットに約11.8万BTC保有しているとのこと。これは約4672億円(約32億ドル)に相当する。

なおロビンフッドのこの保有量は、暗号資産(仮想通貨)取引所のバイナンス(Binance)の約64億ドル相当とビットフィネックス(Bitfinex)の約43億ドル相当に次ぐ第3位である。

このウォレットの保有者はこれまでわかっておらず、大量のビットコインを保有するユーザーが不明であることで話題を呼んでいた。なおこのウォレットは顧客の資産を保管しているアドレスであることが分かっていた。

またETHについても全ユーザーのウォレットの中で第5位となる約4274億円(約39.2億ドル)相当である約172万ETHが保有されていることも31日に報告されている。

関連ニュース

参考:アーカム
デザイン:一本寿和
images:iStocks/atdigit

この記事の著者・インタビューイ

田村聖次

和歌山大学システム工学部所属
格闘技やオーケストラ、茶道など幅広い趣味を持つ。
SNSでは、チェコ人という名義で、ブロックチェーンエンジニアや、マーケターとしても活動している。「あたらしい経済」の外部記者として記事の執筆も。

和歌山大学システム工学部所属
格闘技やオーケストラ、茶道など幅広い趣味を持つ。
SNSでは、チェコ人という名義で、ブロックチェーンエンジニアや、マーケターとしても活動している。「あたらしい経済」の外部記者として記事の執筆も。

合わせて読みたい記事

【7/18話題】ステートストリートが独自ステーブルコイン検討、ビットトレードの全取引ペアの売買手数料が無料化など(音声ニュース)

ステートストリート、独自ステーブルコインの発行検討か=報道、香港規制当局ら、ステーブルコイン発行体のライセンス取得義務についての協議結果を報告、早期立法化へ、ビットトレード、全取引ペアの売買手数料を無料化へ、BTC担保の米ドルステーブルコイン「USDh」、BTCトークン規格「Runes」でローンチ、Polygon LabsがZK証明システム「Plonky3」公開、オープンソースに、マウントゴックスが債権者への弁済を報告、クラーケンへ48,641BTC送金も、ドイツ当局、ビットコイン売却で28.8億ドルの収益、スタンダードチャータード銀行支援のZodia Markets、Elwoodの暗号資産OTC事業を買収、テレグラムの「TON」、ビットコイン間のトークンブリッジサービス「トンテレポートBTC」発表