「ロビンフッドウォレット」がビットコインとドージコインに対応開始

「ロビンフッドウォレット」がBTCとDOGEに対応開始

米投資アプリ運営のロビンフッド(Robinhood)提供の「ロビンフッドウォレット(Robinhood Wallet)」が、新たにビットコイン(Bitcoin)とドージコイン(Dogecoin)のサポートを開始した。ロビンフッドが8月30日発表した。

今回のサポート開始により同ウォレットは、ビットコイン(BTC)およびドージコイン(DOGE)の保管と送受信が可能になったとのことだ。

また今回「ロビンフッドウォレット」では、「イーサリアムスワップ(Ethereum Swap)」の機能も追加するという。同機能は、ユーザーがネットワーク手数料(ガス代)となるイーサリアム(ETH)を保有せずとも、既に保有している他のトークンを代わりに手数料として自動的に差し引く仕組みを持つという。これにより「誰でも簡単にDeFi(分散型金融)を利用し始められる」とロビンフッドは説明している。

なお同機能は200以上のトークンが対象になるとのこと。ただし同機能は一部のユーザーから段階的に有効になり、今後数週間で全ユーザーが利用可能になるとのこと。

ロビンフッドによると、今回提供開始になったのは「ユーザーから最も要望の多かったいくつかの機能」とのことだ。

「ロビンフッドウォレット」はノンカストディアル(セルフカストディ)型のウォレットアプリとして今年3月に一般公開されていた。発表によると、同ウォレットは世界140か国以上で数十万人のユーザーを抱えているとのことだ。

なお同ウォレットは現在iOS版のみで提供されているが、今年後半にはアンドロイド(Android)版もサポートされるという。

また「ロビンフッドウォレット」は当初ポリゴン(Polygon)ネットワークのみに対応し、一般公開時までにイーサリアムを追加した。その後はアービトラム(Arbitrum)およびオプティミズム(Optimism)のネットワークにも対応している。今回のビットコインとドージコインの追加対応により同ウォレットでは、6つのブロックチェーンに対応することになった。

関連ニュース

参考:ロビンフッド
デザイン:一本寿和
images:Reuters

この記事の著者・インタビューイ

大津賀新也

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

合わせて読みたい記事

【5/17話題】スラッシュがSlash Vプリカ SHOP開始、SECのSAB121覆す決議案が可決など

スラッシュが「Slash Vプリカ SHOP」開始、暗号資産でVプリカ購入可能に、米上院、SECの暗号資産会計ルール「SAB121」を覆す決議案を可決、インド証券取引委員会、暗号資産取引の監督に前向き、準備銀行とは対照的に、仏証券監督当局、投資家にBybitの無登録営業を警告、KuCoin、ナイジェリアの規制準拠に向け一部サービスを停止、米CME、ビットコイン現物取引の提供検討か=報道、リップル、「XRP Ledger」をコスモスのインターチェーンに接続、マスターカードがカーボンクレジットのトークン化における概念実証完了、スタンダードチャータード銀行らと、DTCC、大手銀行らとファンドのトークン化推進する「Smart NAV」の実証実験完了。チェーンリンク活用で

︎マスターカードがカーボンクレジットのトークン化における概念実証完了、スタンダードチャータード銀行らと

決済大手の米マスターカード(Mastercard)が、スタンダードチャータード銀行香港(Standard Chartered Hong Kong:SCBHK)及びその関連会社と、顧客預金およびカーボンクレジットのトークン化における試験的な概念実証(proof-of-concept pilot:PoC pilot)の完了を5月14日発表した