米ロビンフッド、IPO申請のため上場目論見書を提出

米ロビンフッド、IPO申請のため上場目論見書を提出

米ロビンフッド・マーケッツ(Robinhood Markets)がIPO申請のため上場目論見書(Form S-1)を7月1日に公開し、SECへ提出した。

2020年12月31日時点でロビンフッド・マーケッツ第4Qの総収益は約260億円、純利益は約14億円計上されている。また2019年(前年度)12月31日時点での第4Qの総収益は48億円、純利益ではなく純損失として49億円が計上されている。

そしてロビンフッド・マーケッツは暗号資産領域に非常に着目しているようで、上場目論見書では「ロビンフッド・マーケッツは社会的な暗号資産への関心と導入の高まりが、当社のプラットフォームに対する顧客の関心を高め、現在の顧客基盤の中でも大きな成長の余地があると考えています」と説明されている。

ロビンフッド・マーケッツの暗号資産関連事業は、主に子会社のロビンフッド・クリプト(Robinhood Crypto)が経営している。

ロビンフッド・クリプトの2021年3月31日時点における利用可能な地域はアメリカ46州とワシントンとなっている。そしてBitcoin、Bitcoin Cash、Bitcoin SV、Dogecoin、Ethereum、Ethereum Classic、Litecoinの7種類の暗号資産の取引がサポートされている。

ロビンフッド・クリプトの財務状況などに関して、上場目論見書では「2021年第1四半期だけでも950万人以上のユーザーが当社のプラットフォームで約9兆8,000億円(880億ドル)の暗号資産を取引し、2021年3月31日時点での暗号資産の預かり資産は約1兆3,000億円(120億ドル)と、2020年3月31日時点と比べて23倍に増加しました」と説明されている。

ロビンフッド・マーケッツはナスダックに上場する予定となっている。

参考:THE BLOCK
デザイン:一本寿和
images:iStocks/TimArbaev

この記事の著者・インタビューイ

竹田匡宏

兵庫県西宮市出身、早稲田大学人間科学部卒業。
「あたらしい経済」の編集者・記者。

兵庫県西宮市出身、早稲田大学人間科学部卒業。
「あたらしい経済」の編集者・記者。

合わせて読みたい記事

【3/1話題】イーサL2「Blast」がメインネットローンチ、ワールドコインのTFHがSolanaウォレット企業買収など

イーサL2「Blast」、メインネットをリリース、ワールドコイン(WLD)関連企業TFHがSolanaウォレット「Ottr」買収。チームは「World App」開発に移行、GINKAN、「実世界の決済データとNFT情報を統合する技術」で特許取得、バイナンスにクロスチェーンプロトコル「Axelar(AXL)」上場へ、オーケーコインジャパンにエイプコイン(APE)上場へ、米マイニング企業マラソン、ビットコイン(BTC)のL2ネットワーク「Anduro」をローンチ、テレグラム、TONブロックチェーンで広告収入共有へ、香港が「デジタル人民元」の試験運用範囲拡大へ、クロスボーダー決済効率化で、グレースケール、SECに「現物ビットコインETF」のオプション承認を働きかける

ワールドコイン(WLD)関連企業TFHがSolanaウォレット「Ottr」買収。チームは「World App」開発に移行

暗号資産(仮想通貨)プロジェクト「ワールドコイン(Worldcoin)」関連企業のツールズ・フォー・ヒューマニティ(TFH:Tools For Humanity)が、ソラナ(Solana)基盤のウォレット「オットルウォレット(Ottr Wallet)」開発元のオットルファイナンス(Ottr Finance)を買収した