サザビーズ、バンクシー作品競売でイーサでのリアルタイム入札実施へ

サザビーズ、バンクシー作品競売でイーサでのリアルタイム入札実施へ

大手アートオークションハウスのサザビーズ(Sotherby’s)で、11月18日に開催予定のバンクシーのアートオークションにおいて、イーサリアムのイーサ(ETH)でのリアルタイム入札が実施されることが11日に分かった。

「The Now Evening Auction」と名付けられたこのオークションでは、バンクシーの「Trolley Hunters」と「Love in the Air」の2作品が出品される。

なおオークション作品の展示については、メタバース(仮想世界)の土地であるディセントランド(Decentraland)上にあるサザビーズ本社で行われるとのこと。

そしてオークションは、専用のDiscordチャンネルを含むサザビーズのソーシャルメディアチャンネルや「Sothebys.com」を通じて、ライブストリーミング放送が行われる予定だ。

サザビーズは、アートオークションのリアルタイム入札が法定通貨ではなく暗号資産で行われるのは初の事例だと発表している。また最終落札者の支払いには、法定通貨に加え、イーサ(ETH)、ビットコイン(BTC)、USDCが利用可能とのことだ。

なおこれまでもササビーズは落札者の支払いに関しては暗号資産決済に対応してきた事例がある。5月に開催されたバンクシー「Love is in the Air」のオークションでは法定通貨の他、ビットコインとイーサの決済に対応していた。

また7月に香港で開催されたダイヤモンドのオークションでも暗号資産に対応、なおそれぞれの暗号資産決済には米コインベース(Coinbase)が手がけるCoinbase Commerceの仕組みが導入されていた。

なお今回のバンクシーのオークションはNFTではなく実物のアートによるものだが、サザビーズはNFTアートへの対応にも積極的に取り組んでいる。

今年の6月には、日本のアーティスト池田亮司氏のNFTアートのオークションが実施された。10月にはサザビーズ独自のNFTプラットフォーム「サザビーズ メタバース(Sotherby’s Metaverse」も発表している。

参考:サザビーズ
デザイン:一本寿和
images:iStocks/AdrianHillma

この記事の著者・インタビューイ

竹田匡宏

兵庫県西宮市出身、早稲田大学人間科学部卒業。
「あたらしい経済」の編集者・記者。

兵庫県西宮市出身、早稲田大学人間科学部卒業。
「あたらしい経済」の編集者・記者。

合わせて読みたい記事

【11/25話題】バイナンスの暗号資産業界復興ファンド、ロシアが国営暗号資産取引所設立かなど(音声ニュース)

バイナンスが暗号資産業界復興ファンド(IRI)に10億ドル拠出、ポリゴン(Matic)、アニモカ、アプトス(APT)らも参加予定、証券監督者国際機構IOSCO、FTX崩壊は暗号資産規制前進のきっかけに、ロシア、国営の暗号資産取引所設立を計画か=報道、APE発行の「ApeCoin DAO」、BAYC関連専用マーケットプレイス「ApeCoin marketplace」ローンチ、富士通ブロックチェーンPF開発基盤「Fujitsu Track and Trust」が世界展開、セトルミントと提携、スタークウェア開発のプログラミング言語「Cairo」、最新版がオープンソースに、イーサリアム、ステークされたETHの引き出し機能搭載の開発者向けネットワークリリース、スキー場で開場前から滑れる権利のNFT、東急不動産とハッシュパレット「ニセコパウダートークン」、職人文化の継承×伝統工芸ブランド創出「WAKONプロジェクト」、FiNANCiEでトークン発行

Sponsored

APE発行の「ApeCoin DAO」、BAYC関連専用マーケットプレイス「ApeCoin marketplace」ローンチ

暗号資産(仮想通貨)エイプコイン(APE)発行元のApeCoin DAOが、BAYC(Bored Ape Yacht Club)関連専用マーケットプレイス「エイプコインマーケットプレイス(ApeCoin marketplace)」をローンチした。このマーケットプレイスを構築したスナッグスソリューションズ(snagsolutions)の創設者が1、1月24日に発表した。