Bitcoin Ordinalsの開発者、BRC20に代わるビットコイン用プロトコル提案

BRC-20に代わるビットコイン用トークンプロトコルが提案

ビットコイン(BTC)ネットワークのトークン規格「BRC-20」に代わる新たなプロトコル「ルーンズ(Runes)」が提案された。

ビットコインネットワークのトークンプロトコル「ビットコインオーディナルズ(Bitcoin Ordinals)以下、オーディナルズ」の開発者ケイシー・ロダーマー(Casey Rodarmor)氏が、9月26日にブログにて公表した。

「BRC-20」は「オーディナルズ」を利用した代替可能トークンの規格。「オーディナルズ」はビットコインの最小単位である1satoshi(0.00000001BTC)に通し番号をつけ、ひとつのsatoshiに任意のデータを紐づけるプロトコル。2021年11月に実施されたアップグレードである「タップルート(Taproot)」を経て「オーディナルズ」は実現した。

「BRC-20」にはその仕組み上、ビットコインネットワーク上に「UTXO(Unspent Transaction Output)」の数を大きく増やしてしまうという問題が存在する。UTXOは未使用のトランザクション残高のことで、ビットコインネットワークでは口座のようなアカウントごとの残高データを管理せずUTXOの集計によって残高を算出する。

今回提案された「ルーンズ」は「UTXO」の利用を前提に作成されたプロトコルであるため、「UTXO」の数を不用意に増やすことなく、ビットコインネットワークのデータベース圧迫を軽減できるとのことだ。

またロダーマー氏はブログにて、現在ビットコインネットワーク上に存在する「RGB」や「オムニレイヤー(Omni Layer)」などのいくつかの代替可能トークンプロトコルを取り上げ、それぞれが独自の問題を抱えていると述べている。同氏が提案した「ルーンズ」は、それらについても解決をしているとのことだ。

なお「オーディナルズ」を利用したトークン規格は代替可能トークンだけでなく、NFT(非代替性トークン)のための規格も存在する。

またイーサリアム(Ethereum)上で米ドルペッグのステーブルコイン「USDS(StableUSD)」を発行するステーブリー(Stably)が、「BRC-20」を採用した初の米ドルペッグのステーブルコイン「#USD」の発行を行っている。

関連ニュース

参考:Casey Rodarmor’s Blog
デザイン:一本寿和
images:iStocks/BlackSalmon

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

田村聖次

和歌山大学システム工学部所属
格闘技やオーケストラ、茶道など幅広い趣味を持つ。
SNSでは、チェコ人という名義で、ブロックチェーンエンジニアや、マーケターとしても活動している。「あたらしい経済」の外部記者として記事の執筆も。

和歌山大学システム工学部所属
格闘技やオーケストラ、茶道など幅広い趣味を持つ。
SNSでは、チェコ人という名義で、ブロックチェーンエンジニアや、マーケターとしても活動している。「あたらしい経済」の外部記者として記事の執筆も。

合わせて読みたい記事

【6/17話題】コインチェックにBRIL上場、コインベストが関東財務局から行政処分など

コインチェックに「ブリリアンクリプトトークン(BRIL)」上場、ビットトレードにアプトス(APT)とトンコイン(TON)上場へ、コインベストが関東財務局から行政処分、IEO業務態勢の改善命令で、米SEC、リップル社に1億260万ドルの罰金科すよう裁判所に要求、オーケーコインジャパンに「トンコイン(TON)上場へ、国内2例目、BISが86の中銀対象としたCBDCに関する調査結果を発表=レポート、暗号資産特化のVC「Paradigm」、新ファンドで約1138億円調達=報道、独通信事業者ドイツテレコム子会社、ビットコイン(BTC)マイニング事業参入へ、ムーンペイ、ペイパルアカウントでの暗号資産購入がEU24ヵ国・英国全域に拡大

Sponsored