米SEC、アークインベストメント申請の「現物ビットコインETF」の承認可否をまたも延期

検討に十分な時間を確保するため

米証券取引委員会(SEC)が、米国著名投資家キャッシー・ウッド氏率いるアーク・インベストメント・マネジメント(ARK Investment Management)申請の現物(スポット)ビットコイン(BTC)の上場投資信託(ETF)についての承認可否を再度延長した。SECが9月26日に発表した。

延期の対象となっているのは「ARK 21Shares Bitcoin ETF」だ。なおSECが同ETFの承認を延長するのはこれで2度目である。

SECは発表にて今回の承認延長の理由を「修正第3号によって修正された規則変更案とそこで提起された問題を検討するための十分な時間を確保するために、規則変更案を承認または不承認とする命令を発行するために、より長い期間を指定することが適切であると判断した」と述べている。

またSECは、提案されている「ARK 21Shares Bitcoin ETF」の承認可否の決定を来年に延期。新たな期限を1月10日としている。

これまでの経緯

アーク・インベストメント・マネジメントは2021年6月、SECへ「ARK 21Shares Bitcoin ETF」の申請を行っていたが、SECはこれを却下。

今年5月9日には、シーボー・グローバル・マーケッツ(Cboe Global Markets)が、同社運営の株式取引所「シーボーBZX取引所(Cboe BZX exchange)」へ「ARK 21Shares Bitcoin ETF」を上場するための申請をSECに行っていた。なおシーボーが同ETFの上場をSEC求めるのはこれで3度目であった。

なおアーク・インベストメント・マネジメントは、SECが最終決定を下すまで最長240日(2024年1月まで)の猶予を与えていた。

また9月26日には米下院議員らがSECのゲイリー・ゲンスラー(Gary Gensler)委員長に対し、現物ビットコインETFの上場を認めるよう、書簡を送っていた。

関連ニュース

参考:SEC声明
デザイン:一本寿和
images:iStocks/LongQuattro・Funtap

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

髙橋知里

「あたらしい経済」編集部 記者・編集者
同志社大学神学部を卒業後、放送局勤務を経て、2019年幻冬舎へ入社。
同社コンテンツビジネス局では書籍PRや企業向けコンテンツの企画立案に従事。「あたらしい経済」編集部では記事執筆を担当。

「あたらしい経済」編集部 記者・編集者
同志社大学神学部を卒業後、放送局勤務を経て、2019年幻冬舎へ入社。
同社コンテンツビジネス局では書籍PRや企業向けコンテンツの企画立案に従事。「あたらしい経済」編集部では記事執筆を担当。

合わせて読みたい記事

【6/14話題】イーサリアム現物ETFの米承認は今夏中か、BORAが国内初上場へ、マイクロストラテジーの転換社債など

米SEC委員長、イーサリアム現物ETFの上場承認は「今夏中」と発言、欧州銀行監督機構、間もなく発効のMiCA遵守に基づき企業に遵守求めるガイドライン公表、国内初、Zaifにボラ(BORA)上場へ、マイクロストラテジーが5億ドルの転換社債を販売へ、ビットコイン追加購入目的で、ZKsyncの「ZK」エアドロに抗議集まる、上場中止を求める声も、コインベースにweb3ゲームの「Pirate Nation(PIRATE)」上場へ、ニア財団、NEAR DAなど推進の独立組織「Nuffle Labs」設立、DEX「Sushi」、DAOと評議会を統合した新ガバナンスモデル導入、ソラナラボ、海外ブランド向けロイヤルティプラットフォーム「Bond」立ち上げ、USDC発行の米サークル、「プログラマブルウォレット」をソラナ対応開始

Sponsored