米クラーケン、米国と英国の上場株式の取引サービス提供を計画か=報道

米国と英国で上場株式の取引サービス提供か

米大手暗号資産(仮想通貨)取引所のクラーケン(Kraken)が、米国及び英国の上場株式の取引提供を計画しているようだ。ブルームバーグが関係者の話として9月28日報じた。

報道によれば、クラーケンは「クラーケン・セキュリティーズ」と呼ばれる新部門を通じて、米国と英国で取引サービスを提供する予定で、2024年のサービス開始を目指しているという。

なおクラーケンはすでに英国で必要な規制許可を取得しており、米国ではブローカー・ディーラーのライセンスを金融業規制機構に申請中とのことだ。

またクラーケンでの株式取引が開始されれば、対象顧客はサービスの利用開始を案内されるという。利用を開始すれば、暗号資産・株式・ETFのポートフォリオが単一の残高として確認できるようになるとのことだ。

ちなみに現在米国では、米大手投資アプリのロビンフッド(Robinhood)やパブリックドットコム(Public.com)などが株式と暗号資産の取引サービスを手数料無料で提供している。

カストディアンサービス立ち上げも計画

またクラーケンは「プライム・ブローカー・サービス」も構築中であり、数週間以内に機関投資家向けの適格カストディアンを立ち上げる予定だという。このサービスは取引所とは別に運営されるとのことで、クラーケンはワイオミング州に認可を申請しているとのことだ。

なおクラーケンの広報担当者はコメントを控えているという。

関連ニュース

参考:ブルームバーグ
デザイン:一本寿和
images:iStocks/Aramyan

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

髙橋知里

「あたらしい経済」編集部 記者・編集者
同志社大学神学部を卒業後、放送局勤務を経て、2019年幻冬舎へ入社。
同社コンテンツビジネス局では書籍PRや企業向けコンテンツの企画立案に従事。「あたらしい経済」編集部では記事執筆を担当。

「あたらしい経済」編集部 記者・編集者
同志社大学神学部を卒業後、放送局勤務を経て、2019年幻冬舎へ入社。
同社コンテンツビジネス局では書籍PRや企業向けコンテンツの企画立案に従事。「あたらしい経済」編集部では記事執筆を担当。

合わせて読みたい記事

【7/16話題】イーサリアム現物ETFは23日取引開始か、メタプラネットが今月3度目のビットコイン追加購入など(音声ニュース)

イーサリアム現物ETF、23日取引開始か、米SECが暫定承認と業界筋、メタプラネット、今月3度目のビットコイン追加購入、合計保有数225.611BTCに、トランプ、副大統領候補に親クリプト派のJ.D.バンス上院議員を指名、北朝鮮ハッカー集団、盗んだ暗号資産をカンボジア決済会社通じ洗浄、ドイツ政府機関、ビットコインの売却を終了か、スクエニ、web3ゲーム「サッカーバース」の資金調達を主導、CompoundとCelerのウェブサイトがハッキング被害、DNSドメイン攻撃を受け、バイナンス、韓国取引所ゴーパックスの株式大半を売却へ=報道、ディーカレットDCP、デジタル通貨「DCJPY」のネットワークをリリース。取引開始は8月予定

Sponsored