ルミネックス、ビットコインNFT「Ordinals」の新規格「BRC69」提案

Ordinalsの新しい標準規格「BRC-69」が提案

ビットコインオーディナルズ(Bitcoin Ordinals)用のローンチパッドプラットフォーム「ルミネックス(Luminex)」が、新しいコレクション作成用の標準規格「BRC-69」を7月3日に発表した。

「オーディナルズ(Ordinals)」は、ビットコインの最小単位である1satoshi(0.00000001BTC)に通し番号をつけ、ひとつのsatoshiに任意のデータを紐づけるプロトコル。2021年11月に実施されたアップグレードである「タップルート(Taproot)」を経て「オーディナルズ」は実現した。「オーディナルズ」を利用することでビットコインネットワーク上にトークンやNFT(非代替性トークン)を作成することができる。

「オーディナルズ」を利用したトークンは、送金やミント(発行/鋳造)の際にビットコインネットワークを使用するため、取引数が大幅に増加し、ネットワークにおける取引手数料が急上昇してしまうことが問題視されている。

今回提案された「BRC-69」は、この「オーディナルズ」を利用したNFTをより安い手数料かつ小さいデータサイズでミントするための標準規格だ。

同規格を採用することで開発者は、リカーシブ(再帰的)なNFTをミントできる。リカーシブなNFTは、ミントや取引のコストを削減できるだけでなく、その他の機能実装が可能になるなど、開発に関して高い柔軟性を持たせられる。これにより、事前にNFTの詳細を確認できなくする機能「プレリベール」などイーサリアム上ですでに使用されている仕組みが「BRC-69」採用により、「オーディナルズ」NFTに実装できるという。

なおリカーシブとは、データを呼び出すことが出来る性質のこと。呼び出しができるため、大きなデータを複数のデータパッケージに分けて保存することも可能になる。そのためデータの制限を実質的に無くすだけでなく、実際に取引するsatoshiに保存されるデータを小さくできるため、取引コストも削減できるというわけだ。

Github上の説明によると同規格では、ブロックスペースの90%以上の最適化をしながら、すべてのオンチェーンリソースを保存するという。

またこのプロセスは「形質の画像をオンチェーンに書き込む」、「コレクションのデプロイ用JSONの記述」、「コレクションのコンパイラ用JavaScriptを登録する」、「ミント操作を行う」という4つのステップを踏むことで実行されるとのことだ。

ビットコインNFTは登場以来大きな注目を集めており、5月30日にはイーサリアム(Ethereum)上の人気NFTコレクション「Miladys(ミレディズ)」が新たなトークン規格「BRC-721E」を採用したビットコインNFT「Bitcoin Miladys(ビットコインミレディズ)」をリリースしている。

「BRC-721E」はイーサリアム上に発行されたNFTをバーン(焼却)し、そのNFTの情報をビットコインネットワーク上の「satoshi」に与えることで、ビットコインネットワーク上のNFTとして扱えるようにする「Ordinals Bridge(オーディナルズブリッジ)」を実現するものだ。

ただし、このブリッジを利用するとイーサリアム上で保有していたNFTを焼却するため、ビットコインネットワークから元のイーサリアム上にブリッジすることができない。そのため「Ordinals Bridge」の利用には、イーサリアム上にあった元のNFTが二度と手に戻らないことに注意が必要である。

はじめてのビットコインはメルカリで

関連ニュース

参考:ギットハブ
デザイン:一本寿和
images:iStocks/MARHARYTA-MARKO

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

田村聖次

和歌山大学システム工学部所属
格闘技やオーケストラ、茶道など幅広い趣味を持つ。
SNSでは、チェコ人という名義で、ブロックチェーンエンジニアや、マーケターとしても活動している。「あたらしい経済」の外部記者として記事の執筆も。

和歌山大学システム工学部所属
格闘技やオーケストラ、茶道など幅広い趣味を持つ。
SNSでは、チェコ人という名義で、ブロックチェーンエンジニアや、マーケターとしても活動している。「あたらしい経済」の外部記者として記事の執筆も。

合わせて読みたい記事

【2/22話題】スターテイルがサムスンらから約5億円調達、エルフトークン(ELF)の付与延期「協議中の事項」でなど

アスター渡辺創太のスターテイル、サムスンとUOB銀行から約5億円の追加調達、国内5例目IEO「エルフトークン(ELF)」の付与延期、ハッシュパレットとビットフライヤーで「協議中の事項」により、PBADAO、暗号屋、幻冬舎がブロックチェーンエコシステム研究所「TRI」発足、ユースケースが学べるレポート公開、Zaifが今春からステーキングサービス提供へ、チューリンガムと共同開発で、オーケーコインジャパンにソラナ(SOL)上場へ、メタマスクの「セキュリティアラート」、ポリゴンやアバランチ、BNBチェーンなどでも利用可能に、イーサリアムL2のOptimism、4回目の「OP」エアドロップ開始、韓国与党、暗号資産収益への課税を2年延期の提案=報道、バイナンス、レバレッジトークンのサービス廃止へ、Japan Fintech Weekサイドイベント「MPCウォレットFireblocksが変えるWeb3金融ビジネス」2/28開催

【国内初】オーケーコイン・ジャパンにアプトス(Aptos)上場へ、2月26日よりAPTが当たるキャンペーンも

国内暗号資産(仮想通貨)取引所オーケーコイン・ジャパン(OKCoinJapan)が、アプトス(APT)の上場予定を発表した。上場は2月26日17時の予定で、アプトス(APT)の取り扱いは国内の取引所では初の事例となる。なお今回の発表に合わせ、同社はAPT上場記念キャンペーンの開催も発表した(詳細記事後半)。

Sponsored