バイナンスNFT、「ビットコインNFT」のサポート終了へ

バイナンスがビットコインNFTのサポート終了へ

大手暗号資産(仮想通貨)取引所バイナンス(Binance)が、同社運営のNFTマーケットプレイス「バイナンスNFT(Binance NFT)」における、ビットコインNFTのサポート終了を4月4日発表した。

4月18日6:00(UTC)以降ユーザーは、「Binance NFT 」でのビットコインネットワークを通じたNFTの購入・入金・入札・出品ができなくなるとのこと。また今回のサポート終了に該当する全ての出品・注文は4月18日6:00(UTC)に自動的にキャンセルされるとのことだ。

なお今回の発表で、サポート終了について「製品提供を合理化する継続的な取り組みの一環」としているが、詳細な理由は一切伝えられていない。

「バイナンスNFT」では昨年5月からビットコインNFTに対応していた。

ビットコインNFTは、ビットコインの最小単位である1satoshi(0.00000001BTC)に通し番号をつけ、ひとつのsatoshiに任意のデータを紐づけるプロトコル「オーディナルズ」によって実現したトークンだ。

オーディナルズを利用したトークン規格はNFT(非代替性トークン)だけでなく、代替可能トークンのための規格も存在している。

なおビットコインNFTは、別名インスクリプション(碑文)と呼ばれる。しかし、オーディナルズ(序数)をビットコインNFTと呼ぶケースもある。

ちなみに2021年11月に実施されたアップグレード「タップルート(Taproot)」を経て「オーディナルズ」は実現した。

関連ニュース

参考:バイナンス
images:iStocks/MARHARYTA-MARKO

この記事の著者・インタビューイ

大津賀新也

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

合わせて読みたい記事

【5/29話題】アニモカJPらがIVVYのライブでweb3ロイヤリティプログラム、NTTデジタルがOpenWallet Foundation加盟など

アニモカJPと三井物産ら、IVVYのライブでweb3ロイヤリティプログラムのPoCへ、NTTデジタルが「OpenWallet Foundation」に加盟、民間企業で日本初、東証スタンダード上場メタプラネット、2.5億円分のビットコイン追加購入を予告、米ナスダック上場の医療機器メーカーSemler Scientific、約62億円相当のビットコイン購入、ブラックロック、2つのファンドで自社のビットコイン現物ETF「IBIT」を購入・運用、MRIと山陰合同銀行、「デジタル地域通貨事業」の共同実施へ。地域経済活性化に向け、暗号資産マイニング企業Riot Platforms、競合Bitfarms買収へ、イーサリアム「Pectra」アップグレード、25年Q1目標に開発へ