Doodlesのアバター作成プラットフォーム「stoodio」、イーサL2「Base」に移行へ

Flowから移行

NFTプロジェクト「ドゥードゥルズ(Doodles)」所有者専用プラットフォーム「ストゥーディオ(stoodio)」が、イーサリアム(Ethereum)レイヤー2ブロックチェーン「ベース(Base)」に移行する。「ドゥードゥルズ」公式Xより6月17日発表された。

また暗号資産メディアのディクリプト(Decrypt)によれば、この移行に伴い、ストゥーディオはダッパーラボ(Dapper Labs)開発のブロックチェーン「Flow(フロウ)」を離れることになるという。発表によれば、ベースへの移行は今年7月になるという。

「ドゥードゥルズ」は、バーント・トースト(Burnt Toast)氏が2021年10月に「イーサリアム(Ethereum)」基盤で始めたNFTプロジェクトだ。「ストゥーディオ」は、「ドゥードゥルズ」所有者がキャラクターの肌や髪、ウェアラブルなどをカスタムできるプラットフォームである。

なお「ベース」は、「オプティミズム(Optimism)」の技術に基づいたブロックチェーン開発用ソフトウェア「OPスタック(OP Stack)」を用いて米大手暗号資産(仮想通貨)取引所コインベース(Coinbase)が構築したL2ネットワーク。ネットワークトークンの発行予定は無く、ガス代(トランザクションフィー)としてはブリッジしたETHが使用されている。

ドゥードゥルズは今回の「ベース」移行の発表にて、「私たちの使命は、メディアの開発、流通、所有に革命を起こすこと」だとし、「IP開発の未来は、コミュニティが消費するだけでなく、共同創造し、その価値に応じて報酬を得る、ダイレクト・トゥ・ファン体験になる」と見ているという。

ドゥードゥルズは、ベースへのオンボーディングの容易さが、新たなユーザーを取り込むとも伝えている。

7月からの移行により、今後発表されるストゥーディオの様々な機能が、今後「ベース」上で構築される予定だという。

具体的には、「メディアへのトークン化されたアクセス」、「カスタマイズ可能なUGCツール」、「クエストとゲーム」、「ロイヤリティプログラムとリワード」等が予定されているという。

また、今回の発表を記念してNFTミントプラットフォーム「ゾラ(ZORA)」でNFT「Base x Doodles」がミント可能になっている。なお同NFTは無料だが、手数料及びガス代は必要だ。

なおプロジェクトのフロウからの離脱について、ドゥードゥルズのCEOであるジュリアン・オルギン(Julian Holguin)氏はディクリプトに対し、既存コミュニティーがフロウ以外の場所にあったと述べ、将来的にインターネットネイティブでオンチェーンのエンターテインメント・スタジオを作る上で、コア・ベースにとって真にやりがいのあるリッチな体験を創造する必要があるとの思いを明かしている。

関連ニュース

参考:Decrypt
images:iStocks/Foryou13

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

髙橋知里

「あたらしい経済」編集部 記者・編集者
同志社大学神学部を卒業後、放送局勤務を経て、2019年幻冬舎へ入社。
同社コンテンツビジネス局では書籍PRや企業向けコンテンツの企画立案に従事。「あたらしい経済」編集部では記事執筆を担当。

「あたらしい経済」編集部 記者・編集者
同志社大学神学部を卒業後、放送局勤務を経て、2019年幻冬舎へ入社。
同社コンテンツビジネス局では書籍PRや企業向けコンテンツの企画立案に従事。「あたらしい経済」編集部では記事執筆を担当。

合わせて読みたい記事

【7/25話題】SBIが「ビットコイン現物ETF」取り扱い準備か、DEAと東京電力らがDePINの「ピクトレ」を東京で実証試験へなど(音声ニュース)

SBIがビットコイン現物ETF取り扱い準備か=報道、DEAと東京電力らがDePINコンテンツ「ピクトレ」、東京都の3区で実証試験へ、京東コインリンク科技、香港ドルにペッグのステーブルコイン発行予定と発表、フェラーリが暗号資産決済システムを欧州にも拡大、米国での導入に続き、NTTデジタルとマツモト、卒業アルバムにブロックチェーン活用へ、タイ、デジタル資産配布の登録受付を8月1日から開始。デジタルウォレット政策一環で、農産業のRWAマーケットプレイス「Agridex」、ソラナ上で初の農業取引を決済=報道