百貨店初、そごう西武がNFTマーケットプレイスの実証実験へ

そごう西武がNFT販売へ

そごう・西武が、百貨店では初となるNFTマーケットプレイスの実証実験を開始し、NFTアートの販売を行うことを6月6日発表した。

発表によると同社が提供するNFTマーケットプレイスの名称は「NFT PRODUCED by SEIBU SOGO」。採用するブロックチェーンはイーサリアム(Ethereum)およびポリゴン(Plygon)とのこと。

そごう・西武は、他社のNFTマーケットプレイスでも流通が可能なパブリックチェーンを採用することで、自社のマーケットプレイス内だけのクローズドな環境でなく、多種多様なNFTアートの流通を目指すとしている。

同マーケットプレイスの運営開始は6月10日10:00から。第一弾のNFT商品として、水中写真家の鍵井靖章氏の初のNFTアートや「MetaKozo(メタコゾー)」のNFTアートなど5作家による約100作品の販売を予定しているとのこと。なお現時点の発表では、その他の作家および販売価格、決済方法などの詳細情報は公開されていない。

関連ニュース

参考:そごう・西武
images:iStocks/noLimit46

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

大津賀新也

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

合わせて読みたい記事

【7/19話題】ポリゴンの「MATIC」から「POL」移行は9月4日に、コインチェック流出NEM収受事件の上告棄却など(音声ニュース)

ポリゴンラボ、「MATIC」の「POL」移行は9月4日に予定、最高裁、コインチェック流出NEM収受事件の上告を棄却、インド暗号資産取引所ワジールX、マルチシグウォレットのハッキング受け2億ドル超が不正流出、トランプが「ビットコインカンファレンス2024」で資金調達イベント実施か、1名参加費は約1.3億円=報道、ヴィタリック、「親クリプト派という理由だけで候補者を選ぶべきでない」と警告、米クラーケン、機関投資家向けカストディサービスを英国と豪州に拡大、コインベースにゲーム特化型L2「Ancient8(A8)」上場へ、香港金融管理局「ステーブルコイン発行者サンドボックス」にアニモカブランズら参加

Sponsored