STEPN運営ファインドサトシラボが「GasHero」をクローズドβテスト版に戻す、エコシステム再設計で

GasHeroが再びクローズドベータテスト版に

ファインドサトシラボ(Find Satoshi Lab Limited)運営のweb3ソーシャルゲーム「ガスヒーロー(GasHero)」が、パブリックベータ版からクローズドベータテスト版に戻ることが「ガスヒーロー」の公式Discordアカウントで2月28日発表された。

発表によるとクローズドベータ版に戻すのは、「ガスヒーロー」ゲーム内の複雑なルールとメカニズムを設計する上で、エコシステムのバランスを取ることが困難になったからとのこと。

ファインドサトシラボによると、今後「ガスヒーロー」のゲームメカニズムを最適化しエコシステムを再設計させる為には、多くのゲーム内アップデートと微調整が必要になるという。その過程がプレイヤーへの悪影響に繋がる可能性があることから、「ガスヒーロー」を再びクローズドベータテスト版に戻すことになったとのことだ。

なお「ガスヒーロー」ユーザーは、クローズドベータテスト版への移行後もゲームを続けるか否かを選択する必要があるという。

引き続きゲームを続けるユーザーは、ゲーム開発者とコミュニケーションを取り、ゲームの設計に携わることになるとのこと。またユーザーは、友人などをクローズドベータテスト版へ招待することも可能だという。

なおクローズドベータテストの期間中は、運営側がゲームルールを再定義することや、ゲーム内の機能について調整、追加、削除できるとのことだ。

一方でゲームを続けないことを選択したユーザーは、「ガスヒーローxSTEPNバッジ」、「ガスヒーロージェネシスヒーロー」、「ガスヒーロークーポン」を除いた全てのゲーム内資産をバーン(焼却)する必要があるという。

また同ユーザーは、ファインドサトシラボが提供する商品やプロダクトと交換ができるFSLポイントか、ゲーム内通貨として利用されている「GMT(グリーンメタバーストークン)」を受け取り可能とのこと。

なおFSLポイントまたはGMTの取得可能な数は、各ユーザーの損失の50%に基づいて計算されるが、純利益があった際はFSLポイントまたはGMTの取得数が0になるとのこと。

なお日本時間で今月28日17時10分(UTC:今月28日8時10分)以降に、ファインドサトシラボ運営のNFTマーケットプレイス「モアー(MOOAR)」にてゲーム内アセットの売買を続けるプレイヤーは、引き続きクローズドベータテスト版をプレイしたとみなされるとのこと。

またユーザーはクローズドベータテスト版をプレイするか否かに関わらず、日本時間で3月4日17時10分(UTC:3月4日8時10分)までの間、「GMT」を請求できるとのことだ。

「ガスヒーロー」は、Move-and-Earn(動いて稼ぐ)web3ゲーム「ステップン(STEPN)」を運営するファインドサトシラボが、昨年7月にリリースを発表したweb3ソーシャルゲーム。

このゲームは、AIによって滅亡された世界である2084年が舞台となっており、人類を救う為に誕生したガスヒーローが、世界秩序の回復に向けて戦うストーリーとなっている。ユーザーが「ガスヒーロー」NFTを収集し、名声、富、権力を求めて戦うマルチプレイヤーゲームである。

関連ニュース

参考:Discord
images:iStocks/Malchev

この記事の著者・インタビューイ

一本寿和

「あたらしい経済」編集部
記事のバナーデザインを主に担当する他、ニュースも執筆。
「あたらしい経済」で学んだことを活かし、ブロックチェーン・NFT領域のバーチャルファッションを手がけるブランド「JAPAN JACKET」を2021年10月より共同創業。

「あたらしい経済」編集部
記事のバナーデザインを主に担当する他、ニュースも執筆。
「あたらしい経済」で学んだことを活かし、ブロックチェーン・NFT領域のバーチャルファッションを手がけるブランド「JAPAN JACKET」を2021年10月より共同創業。

合わせて読みたい記事

【4/18題】TikTokのByteDance子会社がSui採用、ワールドコインが「World Chain」今夏ローンチへ

TikTokのByteDance子会社、ゲーム等のサポート事業に「Sui」採用、ワールドコイン(WLD)、独自のイーサリアムL2「World Chain」今夏ローンチへ、日銀、「中銀デジタル通貨」の連絡会議の中間整理を報告、EY、企業向け契約管理ソリューション「EY OCM」ローンチ。イーサリアム上で、ニュージーランド中銀、デジタル通貨の開発協議スタート

【4/17話題】アバランチ上にトークン化のホームエクイティローン、a16zが新ファンドで72億ドル調達など

米ホミウムが「ホームエクイティローン」をトークン化、Avalancheで発行、a16z、5つの新ファンドで72億ドル調達、オフチェーンラボ、新たな不正行為証明「Arbitrum BOLD」をテストネットローンチ、ペイパル、NFTの購入者と出品者を保護プログラムの対象外に、ソラナ上のDEX「ドリフト」、独自トークン「DRIFT」のエアドロップ実施へ、ドイツ連邦銀行とMIT、「中銀デジタル通貨」の共同研究

ソラナ上のDEX「ドリフト」、独自トークン「DRIFT」のエアドロップ実施へ

ソラナ(Solana)上の分散型取引所(DEX)「ドリフト(Drift)」の独自トークン「DRIFT」のエアドロップ実施とその割り当て数が公開された。「ドリフト」のDAO(自立分散型組織)「ドリフトDAO財団(Drift DAO Foundation)」が4月16日発表した。なおエアドロップの実施日については明らかになっていない