「Eternal Crypt – Wizardry BC -」、 NTTドコモとNTT DigitalとWeb3連携へ

「Eternal Crypt – Wizardry BC -」がNTTドコモとNTT Digitalと連携へ

ドリコムら開発中のブロックチェーンゲーム「Eternal Crypt – Wizardry BC -」において、NTTドコモ提供の「dアカウント」を使用したログイン機能が開発開始となった。

またNTTドコモのweb3子会社NTT Digital(NTTデジタル)が提供を予定しているトークンウォレットと「Eternal Crypt – Wizardry BC -」の連携に向けた取組みも開始されている。このことはドリコムが9月26日発表している。

ドリコムによると同作品における「dアカウント」を使用したログイン機能および「NTT Digitalのトークンウォレット」への対応は、国内においてより多くの人が気軽にNFTにアクセスできる環境を整備するための試みになるとのこと。

この連携によりドリコムは、Web3のマスアダプションに向けた一歩として、「Eternal Crypt – Wizardry BC – 」を通してブロックチェーンゲームユーザー層の拡大を目指すとのことだ。

発表によると「dアカウント」による「Eternal Crypt – Wizardry BC -」のログイン認証は、2024年1月を目途に対応を開始するという。同ゲームを新たにプレイするユーザーで「dアカウント」保有していれば、「dアカウント」のログイン認証で「Eternal Crypt – Wizardry BC -」がプレイできるようになり、IDの二重管理が不要になるとのこと。

なお既存ユーザーの「dアカウント」ログイン認証対応については、新規ユーザーの対応完了後になるとのことだ。

また「Eternal Crypt – Wizardry BC -」への「NTT Digitalのトークンウォレット」対応は、今後開発ロードマップの詳細化を検討するとのことで、開始時期については現状決まっていないようだ。

「Eternal Crypt – Wizardry BC -」は、ドリコムが同社保有の「Wizardry(ウィザードリィ)」IPを提供し、チューリンガムと共同で開発中のブロックチェーンゲームだ。またZEAL NOVAがパブリッシングを行っている。

なお同作品は、Move-and-Earnゲーム『STEPN(ステップン)』の運営企業Find Satoshi Lab(ファインドサトシラボ:FSL)と、Web3特化ファンドEmoote(エムート)との戦略的パートナーシップに基づく提携を9月7日に発表している。

この提携により「Eternal Crypt – Wizardry BC -」は、両社をアドバイザーに迎え入れ、プロジェクトのマーケティング、コミュニティ育成において様々な施策を実践していくとともに、それぞれが持つアセットを活用したコラボレーションを検討、実施していくとのことだ。

NTTドコモは昨年10月、日本発のパブリックブロックチェーン「アスターネットワーク」の開発を主導するステイクテクノロジーズ(Stake Technologies)と、web3の普及に協力して取り組む基本合意を締結している。

またNTTドコモは昨年11月、web3分野について6,000億円規模の投資を行い、同分野において日本に限らずグローバルに展開する方針を発表。web3に取り組む新会社を設立する予定であることも明かしていた。

そして今年6月には、NTT Digitalの前身となる新領域企画準備株式会社が、日本発のゲーム特化ブロックチェーンOasys(オアシス)のバリデータに参画したことが発表されていた。

関連ニュース

参考:ドリコム
デザイン:一本寿和
images:iStocks/Who_I_am・eugenesergeev

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

大津賀新也

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

合わせて読みたい記事

【5/24話題】米SECがイーサリアム現物ETF承認、NYでXRPの取引再開、かぼすちゃん亡くなるなど

米SEC、イーサリアム現物ETF上場の取引所申請を承認、米コインベース、NYで「XRP」の取引再開、野村HD、ブロックチェーンのバリデータ事業など行うKudasai子会社Omakaseに出資、香港SFC、イーサリアム現物ETFのステーキング許可を検討か=報道、ドージコイン(DOGE)のモデル「かぼすちゃん」亡くなる、STEPN運営のFSL、web3ライフスタイルアプリ「STEPN GO」αテスト開始、GMOコイン、「暗号資産FX」に6銘柄追加(DOT・ATOM・ADA・LINK・DOGE・SOL)、メタマスクがビットコイン(BTC)のサポート開始か=報道、「FRBと日銀がビットコインを100万ドルに上昇させるカギ」、アーサーヘイズ考察