クラーケン、アイルランドで法定通貨サービス提供可能に、スペインでは暗号資産事業者の登録完了

クラーケンが欧州展開を進める

米大手暗号資産(仮想通貨)取引所クラーケン(Kraken)が、アイルランドでの「電子マネー機関(EMI)」認可とスペインでの「暗号資産サービスプロバイダー(VASP)」登録を9月26日に発表した。

なおクラーケンは今年4月、アイルランドの子会社であるペイワード・ユーロ・ソリューションズ(Payward Europe Solutions Limited)が、VASPとしてアイルランド中央銀行(CBI)に登録が完了したことを発表していた。

今回のアイルランドでの「EMI」認可によりクラーケンは、欧州の銀行と提携してユーロ(EUR)による法定通貨に関するサービスの提供拡大が可能になったとのこと。

これにより、同社にとって重要な成長地域となる欧州連合(EU)加盟27か国および欧州経済領域(EEA)諸国の居住者がクラーケンの顧客対象となるとのことだ。

またスペインでのVASP登録によりクラーケンは、スペイン居住者に対して暗号資産の交換およびカストディウォレットのサービスが提供できるようになったとのことだ。

関連ニュース

参考:クラーケン
デザイン:一本寿和
images:iStocks/LuckyStep48

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

大津賀新也

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

合わせて読みたい記事

【5/24話題】米SECがイーサリアム現物ETF承認、NYでXRPの取引再開、かぼすちゃん亡くなるなど

米SEC、イーサリアム現物ETF上場の取引所申請を承認、米コインベース、NYで「XRP」の取引再開、野村HD、ブロックチェーンのバリデータ事業など行うKudasai子会社Omakaseに出資、香港SFC、イーサリアム現物ETFのステーキング許可を検討か=報道、ドージコイン(DOGE)のモデル「かぼすちゃん」亡くなる、STEPN運営のFSL、web3ライフスタイルアプリ「STEPN GO」αテスト開始、GMOコイン、「暗号資産FX」に6銘柄追加(DOT・ATOM・ADA・LINK・DOGE・SOL)、メタマスクがビットコイン(BTC)のサポート開始か=報道、「FRBと日銀がビットコインを100万ドルに上昇させるカギ」、アーサーヘイズ考察