バイナンス、ベルギーユーザーへのサービス提供を再開

バイナンスがベルギーでサービス再開

大手暗号資産(仮想通貨)取引所バイナンス(Binance)が、ベルギーでのサービス提供を再開した。バイナンスベルギーがX(旧Twitter)にて9月25日ポストした。

投稿によれば、ベルギー居住者は9月25日より新規登録が可能になったという。また、既存のベルギーユーザーも、新しい利用規約に同意することで再度利用可能になるということだ。

なお今回の発表ではサービス再開へ向け、どのような変更が行われたか等については言及されていない。

バイナンスは6月、ベルギーの金融規制当局FSMA(Financial Services and Markets Authority)より暗号資産取引とカストディウォレットサービス提供を即時停止するよう命じられていた。

サービス停止の理由としてFSMAは、バイナンスの暗号資産取引・カストディウォレットサービス提供の運営及び技術面に関連する企業27社のうち、19社が欧州経済領域(EEA)以外に拠点を置いている点を指摘していた。

これを受けバイナンスは8月、ベルギーユーザーは同社のポーランド部門である「バイナンスポーランド(Binance Poland sp. z o.o)」の利用規約に同意することで、引き続きバイナンスのプラットフォームを利用できると発表していた。

バイナンスは、欧州銀行監督機構(EBA)による「欧州連合(EU)暗号資産(仮想通貨)市場規制法案(MiCA/マイカ)」に準拠するため、ステーブルコイン上場廃止も視野に入れていると9月発表している。

関連ニュース

デザイン:一本寿和
images:iStock/Abscent84・rarrarorro

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

髙橋知里

「あたらしい経済」編集部 記者・編集者
同志社大学神学部を卒業後、放送局勤務を経て、2019年幻冬舎へ入社。
同社コンテンツビジネス局では書籍PRや企業向けコンテンツの企画立案に従事。「あたらしい経済」編集部では記事執筆を担当。

「あたらしい経済」編集部 記者・編集者
同志社大学神学部を卒業後、放送局勤務を経て、2019年幻冬舎へ入社。
同社コンテンツビジネス局では書籍PRや企業向けコンテンツの企画立案に従事。「あたらしい経済」編集部では記事執筆を担当。

合わせて読みたい記事

【5/17話題】スラッシュがSlash Vプリカ SHOP開始、SECのSAB121覆す決議案が可決など

スラッシュが「Slash Vプリカ SHOP」開始、暗号資産でVプリカ購入可能に、米上院、SECの暗号資産会計ルール「SAB121」を覆す決議案を可決、インド証券取引委員会、暗号資産取引の監督に前向き、準備銀行とは対照的に、仏証券監督当局、投資家にBybitの無登録営業を警告、KuCoin、ナイジェリアの規制準拠に向け一部サービスを停止、米CME、ビットコイン現物取引の提供検討か=報道、リップル、「XRP Ledger」をコスモスのインターチェーンに接続、マスターカードがカーボンクレジットのトークン化における概念実証完了、スタンダードチャータード銀行らと、DTCC、大手銀行らとファンドのトークン化推進する「Smart NAV」の実証実験完了。チェーンリンク活用で

︎マスターカードがカーボンクレジットのトークン化における概念実証完了、スタンダードチャータード銀行らと

決済大手の米マスターカード(Mastercard)が、スタンダードチャータード銀行香港(Standard Chartered Hong Kong:SCBHK)及びその関連会社と、顧客預金およびカーボンクレジットのトークン化における試験的な概念実証(proof-of-concept pilot:PoC pilot)の完了を5月14日発表した