ジェミナイがインド開発センター強化へ、今後2年で約36億円の投資も

積極採用も

暗号資産(仮想通貨)取引所運営の米ジェミナイ(Gemini)は、今後資金を投資しながら、インドでの影響力を大幅に拡大させる計画のようだ。同社が9月26日発表した。

今回ジェミナイは、インドの暗号資産と技術革新の開発センターである「キャンパスサイバーグリーンズ(Campus Cyber Greens)」のサイバーハブ内にオフィスを開設したという。

ジェミナイは5月、ジェミナイがインドのハリヤナ州グルガオンに開発センターを開設し、現地で積極的な採用活動を実施することを発表していた。

なおグルガオンのオフィスには、現在70名の社員がいるという。引き続きソフトウェア・エンジニア、テクニカル・プロダクト・マネージャー、人材運用・獲得、財務、サポート、コンプライアンスなど、多くのポジションで積極的な人材募集が行われている。

ジェミナイは今後もインドへの投資を強化する方針であり、今後2年間でグルガオンの開発センター成長のために2億インドルピー(2400万ドル:約35.7億円)を投資する予定だという。

同開発センターは、ジェミナイにおいて米国に次ぐ規模の開発拠点になる予定で、米国・英国・アイルランド・シンガポールの既存オフィスを補完することになると発表されている。今後のジェミナイの成長戦略において重要な貢献が期待されているとのことだ。

インド開発拠点では、NFT及び暗号資産マーケットプレイスの新機能開発のほか、コアプラットフォームの基礎の開発として、次世代Webやモバイルのユーザー体験・コンプライアンス・データパイプライン・ウェアハウジング・セキュリティ・決済等幅広い分野の開発を行うとのことだ。

関連ニュース

参考:ジェミナイ
デザイン:一本寿和
images:iStock/Abscent84・Alex-Sholom

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

髙橋知里

「あたらしい経済」編集部 記者・編集者
同志社大学神学部を卒業後、放送局勤務を経て、2019年幻冬舎へ入社。
同社コンテンツビジネス局では書籍PRや企業向けコンテンツの企画立案に従事。「あたらしい経済」編集部では記事執筆を担当。

「あたらしい経済」編集部 記者・編集者
同志社大学神学部を卒業後、放送局勤務を経て、2019年幻冬舎へ入社。
同社コンテンツビジネス局では書籍PRや企業向けコンテンツの企画立案に従事。「あたらしい経済」編集部では記事執筆を担当。

合わせて読みたい記事

【5/24話題】米SECがイーサリアム現物ETF承認、NYでXRPの取引再開、かぼすちゃん亡くなるなど

米SEC、イーサリアム現物ETF上場の取引所申請を承認、米コインベース、NYで「XRP」の取引再開、野村HD、ブロックチェーンのバリデータ事業など行うKudasai子会社Omakaseに出資、香港SFC、イーサリアム現物ETFのステーキング許可を検討か=報道、ドージコイン(DOGE)のモデル「かぼすちゃん」亡くなる、STEPN運営のFSL、web3ライフスタイルアプリ「STEPN GO」αテスト開始、GMOコイン、「暗号資産FX」に6銘柄追加(DOT・ATOM・ADA・LINK・DOGE・SOL)、メタマスクがビットコイン(BTC)のサポート開始か=報道、「FRBと日銀がビットコインを100万ドルに上昇させるカギ」、アーサーヘイズ考察