米ジェミナイがUAEでのライセンス取得手続きを開始、UAE市場の可能性を示唆

UAEでのライセンス取得手続き開始へ

暗号資産(仮想通貨)取引所のジェミナイ(Gemini)が、アラブ首長国連邦 (U​​AE) のユーザー向けに暗号資産サービスライセンス取得へ向けた手続きを開始したと5月31日発表した。

発表にてジェミナイは、ライセンス取得を目指す理由として、UAE市場での暗号資産に対する熱意の高まりを挙げた。またジェミナイは、UAEの規制当局やスタートアップ、その他のエコシステム参加者と熱心な対談を行ったことも報告。このことからUAEへの投資・参画への意欲が高まったと報告している。

調査結果でも可能性を感じているジェミナイ

今回ジェミナイは、20カ国を対象に暗号資産の普及状況を調査したレポートを併せて発表。

同レポートによれば、UAEでは調査対象者の35%以上が暗号資産を購入していたのに対し、米国ではわずか20%にとどまったという。

また、UAEで暗号資産を保有していない人の32%近くが、今後1年間に暗号資産を購入する可能性があると回答したとのこと。

またUAEの暗号資産所有者のうち33%が、実店舗などでの購入に暗号資産を使用しているという。それに対し、全世界の所有者ではわずか19%にとどまったという。

なお今回の発表では、UAEにおける拠点をどこに置くかなどの発表はなされていない。一部報道によれば、アブダビとドバイの両方に拠点を設立する可能性があるとも報じられている。

ジェミナイの近況

ジェミナイは4月21日、米国以外のユーザーへ向けた暗号資産取引所を運営することを発表。これは米国内での暗号資産業界への規制強化が進む中での動きとなった。

なお4月24日、アジア太平洋地域(APAC)の新たな最高経営責任者(CEO)を指名し、インド共和国に新たな開発拠点を設立することを発表。併せて現地で積極的な採用活動を実施することも発表している。

5月26日には、欧州の拠点をアイルランドにしたことを発表している。また同日、同社提供の「ジェミナイアーン(Gemini Earn)」が証券法違反だと主張する米証券取引委員会(SEC)の訴訟の却下を米判事に要請していた。

関連ニュース

参考:ジェミナイレポート
デザイン:一本寿和
images:iStocks/Jag_cz

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

髙橋知里

「あたらしい経済」編集部 記者・編集者
同志社大学神学部を卒業後、放送局勤務を経て、2019年幻冬舎へ入社。
同社コンテンツビジネス局では書籍PRや企業向けコンテンツの企画立案に従事。「あたらしい経済」編集部では記事執筆を担当。

「あたらしい経済」編集部 記者・編集者
同志社大学神学部を卒業後、放送局勤務を経て、2019年幻冬舎へ入社。
同社コンテンツビジネス局では書籍PRや企業向けコンテンツの企画立案に従事。「あたらしい経済」編集部では記事執筆を担当。

合わせて読みたい記事

【2/28話題】INTMAXが「Plasma Next」メイネットαをローンチ、周南公立大がDiamond HandsとWeb5でデジタル学生証など

INTMAX、「Plasma Next」メイネットαをローンチ。Plasmaの完成により拡張性向上、周南公立大学、Web5採用でDID利用のデジタル学生証の実証へ。Diamond Handsと提携で、イーサリアム大型アップグレード「Dencun」、メインネット実装日が3月13日に正式決定、ユニスワップ(UNI)に新機能が追加、暗号資産取引がよりシームレスに、ブラックロックの現物ビットコインETF「IBIT」、2日連続で13億ドル超えの取引高を記録、英ロイズ銀行、ブロックチェーン活用の電子船荷証券(eBL)ネットワークに参加、国内初、ビットポイントに「オシトークン(OSHI)」上場、Binance Japanにラップドビットコイン(WBTC)・ファイルコイン(FIL)・スイ(SUI)上場へ、取扱い50銘柄に、ビットフライヤーにドージコイン(DOGE)上場へ、2月で取扱い10銘柄目、SBI、日本酒「作(ZAKU)」にブロックチェーン導入で不正流通を防ぐ。開封後に「ラベルNFTバッジ」受取も、ファントムが「Wallet Watcher」提供開始、任意のウォレットを監視可能に、アバランチ(AVAX)がネットワーク障害でブロック確定が約6時間停止、現在は解決済み