米ジェミナイ、ヨーロッパ6カ国で暗号資産ライセンス取得しサービス開始

ジェミナイがヨーロッパ6カ国でサービス開始

米暗号資産(仮想通貨)取引所ジェミナイ(Gemini)が、デンマーク、スウェーデン、ポルトガル、チェコ、ラトビア、リヒテンシュタインで、暗号資産サービスの提供を開始したと10月31日発表した。

これにより各国の個人および機関がジェミナイの口座開設が可能となり、ユーザーはジェミナイのサイトおよびアプリから、デビットカード、銀行送金、Apple PayやGoogle Payを使用して、ユーロ(EUR)やポンド(GBP)で暗号資産を購入できるようになる。

また各国の金融機関、フィンテック、その他の企業も、ジェミナイの暗号資産プラットフォームにアクセスできるようになり、カストディ(保管)・清算・取引執行・価格発見・ポートフォリオ管理サービスが利用できるようになった。また同取引所の取引プラットフォームである「アクティブトレーダー(ActiveTrader)」も利用可能になったとのことだ。

ジェミナイによるとこれらの6カ国での稼働は、関連する認可および登録を取得するための規制当局および政策立案者との積極的な関与の基盤の上に築かれており、ヨーロッパ全域での継続的展開のさらなる進展を意味するとしている。

ジェミナイは昨今、積極的なヨーロッパ市場進出を行っている。今年7月にはアイルランド中央銀行から暗号資産サービスプロバイダー(VASP)の認可を受けていた。なおアイルランドでVASPとして登録を受けた暗号資産取引所は、ジェミナイが初の事例。今年10月には同国でのサービスを開始していた。

関連ニュース

暗号資産取引所ジェミナイ(Gemini)がイギリスでサービス開始

米ジェミナイ、アイルランド初の暗号資産ライセンス取得

米ジェミナイ、アイルランドで暗号資産取引サービス開始

コインベース、オランダで暗号資産ライセンス取得

クリプトドットコム、イタリアで暗号資産ライセンス取得

参考:ジェミナイ
images:iStocks/NicoElNino

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

髙橋知里

「あたらしい経済」編集部 記者・編集者
同志社大学神学部を卒業後、放送局勤務を経て、2019年幻冬舎へ入社。
同社コンテンツビジネス局では書籍PRや企業向けコンテンツの企画立案に従事。「あたらしい経済」編集部では記事執筆を担当。

「あたらしい経済」編集部 記者・編集者
同志社大学神学部を卒業後、放送局勤務を経て、2019年幻冬舎へ入社。
同社コンテンツビジネス局では書籍PRや企業向けコンテンツの企画立案に従事。「あたらしい経済」編集部では記事執筆を担当。

合わせて読みたい記事

【4/19話題】アプトスラボが金融機関向けプラットフォーム「Aptos Ascend」構築へ、バイナンスが違約金支払いインド再参入かなど

アプトスラボ、マイクロソフト・SKテレコム・ボスコンらと提携。金融機関向けプラットフォーム「Aptos Ascend」構築へ、バイナンス、約3億円の違約金を支払いインド再参入か=報道、バイナンスがドバイでVASPライセンス取得、個人投資家にもサービス提供可能に、バイナンス、トークンローンチプラットフォーム「Megadrop」公開。「BounceBit(BB)」取扱へ、イーサリアムのモバイルOS開発「ethOS」、web3スマホ「ethOS phone」発売開始、米クラーケン、独自開発のセルフカストディウォレット「Kraken Wallet」リリース、OKX、レイヤー2ブロックチェーン「X Layer」ローンチ