米ジェミナイ、アイルランドで暗号資産取引サービス開始

ジェミナイがアイルランドでサービス開始

米暗号資産(仮想通貨)取引所ジェミナイ(Gemini)が、アイルランドでサービス提供開始したことを10月11日に発表した。

同社は今年7月にアイルランド中央銀行から暗号資産サービスプロバイダー(VASP)の認可を受けていた。なおアイルランドでVASPとして登録を受けた暗号資産取引所は、ジェミナイが初の事例となる。

今回のサービス開始によりアイルランドに居住するユーザーは、ジェミナイのサイトまたはアプリにアクセスし、デビットカード・銀行振込・Apple PayまたはGoogle Payを使用して、ユーロ(EUR) および英ポンド(GBP) で暗号資産(仮想通貨)を購入可能になったとのこと。

また同国の金融機関、フィンテック、その他の企業も、ジェミナイの暗号資産プラットフォームにアクセスできるようになり、カストディ(保管)・清算・取引執行・価格発見・ポートフォリオ管理サービスが利用できるようになった。また同取引所の取引プラットフォームである「アクティブトレーダー(ActiveTrader)」も利用可能になったとのことだ。

なおジェミナイは今回の動きについて、ヨーロッパ市場進出への足掛かりと考えているようだ。

同社は「規制当局や政策立案者との積極的かつ前向きな関与というアプローチに基づいて構築された、当社の欧州成長戦略における最新のステップ」と述べている。

またジェミナイによるとアイルランドは、国際的に認められた金融とテクノロジーのハブであり、より広いヨーロッパのフィンテック市場へのゲートウェイとして機能しているという。同社は「ハイテクに精通した消費者の間で、利用しやすく安全な暗号資産サービスに対する強い需要があることに、私たちは大きな期待を寄せています」と結んだ。

関連ニュース

BraveとGeminiのユーザーウォレットが連携可能に 

暗号資産取引所ジェミナイ(Gemini)がイギリスでサービス開始 

米ジェミナイ、アイルランド初の暗号資産ライセンス取得 

ペイパル、アイルランドで暗号資産チーム設立か 

クリプトドットコム、キプロスで暗号資産ライセンス取得 

参考:ジェミナイ
images:iStocks/Ninja-Studio

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

髙橋知里

「あたらしい経済」編集部 記者・編集者
同志社大学神学部を卒業後、放送局勤務を経て、2019年幻冬舎へ入社。
同社コンテンツビジネス局では書籍PRや企業向けコンテンツの企画立案に従事。「あたらしい経済」編集部では記事執筆を担当。

「あたらしい経済」編集部 記者・編集者
同志社大学神学部を卒業後、放送局勤務を経て、2019年幻冬舎へ入社。
同社コンテンツビジネス局では書籍PRや企業向けコンテンツの企画立案に従事。「あたらしい経済」編集部では記事執筆を担当。

合わせて読みたい記事

【2/22話題】スターテイルがサムスンらから約5億円調達、エルフトークン(ELF)の付与延期「協議中の事項」でなど

アスター渡辺創太のスターテイル、サムスンとUOB銀行から約5億円の追加調達、国内5例目IEO「エルフトークン(ELF)」の付与延期、ハッシュパレットとビットフライヤーで「協議中の事項」により、PBADAO、暗号屋、幻冬舎がブロックチェーンエコシステム研究所「TRI」発足、ユースケースが学べるレポート公開、Zaifが今春からステーキングサービス提供へ、チューリンガムと共同開発で、オーケーコインジャパンにソラナ(SOL)上場へ、メタマスクの「セキュリティアラート」、ポリゴンやアバランチ、BNBチェーンなどでも利用可能に、イーサリアムL2のOptimism、4回目の「OP」エアドロップ開始、韓国与党、暗号資産収益への課税を2年延期の提案=報道、バイナンス、レバレッジトークンのサービス廃止へ、Japan Fintech Weekサイドイベント「MPCウォレットFireblocksが変えるWeb3金融ビジネス」2/28開催

【国内初】オーケーコイン・ジャパンにアプトス(Aptos)上場へ、2月26日よりAPTが当たるキャンペーンも

国内暗号資産(仮想通貨)取引所オーケーコイン・ジャパン(OKCoinJapan)が、アプトス(APT)の上場予定を発表した。上場は2月26日17時の予定で、アプトス(APT)の取り扱いは国内の取引所では初の事例となる。なお今回の発表に合わせ、同社はAPT上場記念キャンペーンの開催も発表した(詳細記事後半)。

Sponsored