ペイパル、アイルランドで暗号資産チーム設立か

ペイパル、アイルランドで暗号資産チーム設立か

決済大手のペイパル(PayPal)がアイルランドで小規模な暗号資産チームを設立したと8月1日に「Independent」が報じた。

ペイパルはアイルランドのダブリンとダンドークにあるオフィスで、コンプライアンスやアンチマネーロンダリングのチェックなど、暗号資産関連のポジションの採用を開始したとのことだ。

ペイパルは8月に英国で暗号資産サービスを開始する予定であることを第2Q決算説明会にて明らかにした。アイルランドでの採用開始は、英国進出に関連あると考えられる。

参考:Independent
デザイン:一本寿和
images:iStocks/Prykhodov・pgraphis

この記事の著者・インタビューイ

竹田匡宏

兵庫県西宮市出身、早稲田大学人間科学部卒業。
「あたらしい経済」の編集者・記者。

兵庫県西宮市出身、早稲田大学人間科学部卒業。
「あたらしい経済」の編集者・記者。

合わせて読みたい記事

【9/22の話題】GMOトラストとINXが提携、Internet Computer(ICP)がビットコインに接続予定など(音声ニュース)

GMOトラストとINXが提携、ステーブルコイン「GYEN」と「ZUSD」上場へ、DFINITY財団「Internet Computer(ICP)」、ビットコインへの接続予定を発表、米フィギュア、米国規制に準拠した形でデジタル証券取引を完了、暗号資産取引所「FTX」、利用制限の対象国に日本を追加、オーケーコインジャパンがIOST保有者へのDONエアドロップに対応、国内取引所で対応分かれる、バイナンス、オーストラリアで先物やオプションなどの取引停止へ、米オスプレイ、ポリゴン(Polygon/MATIC)の投資信託発表、オランダ投資銀行ABNアムロ、パクソスの決済ソリューションに参加、米コインベースが暗号資産貸付サービス提供を中止、【取材】芥川賞作家 上田岳弘、Loot系NFT「Obsession2020」をグラコネと発行、「福岡県ブロックチェーンフォーラム」11月15日開催、「NFT」と「トレーサビリティ」のセッション予定