ペイパル、アイルランドで暗号資産チーム設立か

ペイパル、アイルランドで暗号資産チーム設立か

決済大手のペイパル(PayPal)がアイルランドで小規模な暗号資産チームを設立したと8月1日に「Independent」が報じた。

ペイパルはアイルランドのダブリンとダンドークにあるオフィスで、コンプライアンスやアンチマネーロンダリングのチェックなど、暗号資産関連のポジションの採用を開始したとのことだ。

ペイパルは8月に英国で暗号資産サービスを開始する予定であることを第2Q決算説明会にて明らかにした。アイルランドでの採用開始は、英国進出に関連あると考えられる。

参考:Independent
デザイン:一本寿和
images:iStocks/Prykhodov・pgraphis

この記事の著者・インタビューイ

竹田匡宏

兵庫県西宮市出身、早稲田大学人間科学部卒業。
「あたらしい経済」の編集者・記者。

兵庫県西宮市出身、早稲田大学人間科学部卒業。
「あたらしい経済」の編集者・記者。

合わせて読みたい記事

【10/5話題】OasysがtofuNFTと提携、マスターカードがCrypto Secureローンチなど(音声ニュース)

【取材】ゲーム特化型ブロックチェーンOasys、tofuNFTと提携、マスターカード、暗号資産取引の安全性を高める「Crypto Secure」ローンチ、ブロックチェーンゲームのホライゾンが約58億円調達、SFTマーケをローンチへ、NFTの第3四半期売上高が急減、第2四半期比で60%減、スイスのルガーノ市、マクドナルドでビットコイン・USDT・LVGA支払可能に、フィデリティ、イーサリアム(ETH)のインデックスファンド提供開始、FTXグローバル、「Mycelium(MYC)」と「GMX(GMX)」取り扱いへ、バイナンス、DeFiの「GMX(GMX)」取り扱いへ、Bリーグの青森ワッツ、FiNANCiEでトークン発行

Sponsored