バイナンス、ベルギーでのプライバシーコインの取引停止へ

EU規制面での懸念受け

大手暗号資産(仮想通貨)取引所バイナンス(Binance)が、ベルギーでプライバシーコインの取引を停止するようだ。バイナンスにより顧客へ送られたメッセージがX(旧Twitter)にて9月6日共有されている。

ちなみに「プライバシーコイン」とは、ゼロ知識証明などの技術を活用することで送金の追跡を難しくする仕組みが組み込まれたトークンだ。EUは昨年11月、マネーロンダリングへの利用を懸念して「プライバシーコインを禁止する可能性のあるとされる新たな規制」の導入を検討していると述べていた。

バイナンスは6月、フランス・イタリア・スペイン・ポーランドにおいて、複数のプライバシーコインの取引を停止している。

具体的には、モネロ(XMR)・ホライズン(ZEN)・シークレット(SCRT)・フィーロ(FIRO)・ビーム(BEAM)・モバイルコイン(MOB)の6銘柄だ。

バイナンスが顧客へ送ったメッセージによれば、ベルギーユーザーは2023年9月21日18:00(CET)以降、EUの規制でサポートされていないモネロ(XMR)・ホライズン(ZEN)・シークレット(SCRT)・フィーロ(FIRO)・モバイルコイン(MOB)の購入・取引ができなくなるという。

なおビーム(BEAM)は上場廃止となるとのことだ。

バイナンスは、要請されたすべての市場でプライバシーコインの上場廃止に動いているとし、「私たちは、常に規制上の義務を注視しており、必要に応じて製品とコインの提供について更なるアップデートを行う予定だ」と述べている。

バイナンスは8月28日、同社のポーランド部門である「バイナンスポーランド(Binance Poland sp. z o.o)」を通じてベルギーユーザーへのサービス提供を継続すると発表したばかりだ。

この記事の著者・インタビューイ

髙橋知里

「あたらしい経済」編集部 記者・編集者
同志社大学神学部を卒業後、放送局勤務を経て、2019年幻冬舎へ入社。
同社コンテンツビジネス局では書籍PRや企業向けコンテンツの企画立案に従事。「あたらしい経済」編集部では記事執筆を担当。

「あたらしい経済」編集部 記者・編集者
同志社大学神学部を卒業後、放送局勤務を経て、2019年幻冬舎へ入社。
同社コンテンツビジネス局では書籍PRや企業向けコンテンツの企画立案に従事。「あたらしい経済」編集部では記事執筆を担当。

合わせて読みたい記事

【4/16話題】香港でビットコインとイーサリアムの現物ETFが承認、STEPNがアディダスとNFTスニーカーなど

香港SFC、ビットコインとイーサリアムの現物ETFを承認、STEPNがアディダスと提携、1000個限定のコラボNFTスニーカー発売へ、独連邦銀行LBBW、暗号資産カストディ事業に参入へ、お好み焼専門店「千房」がLINE NEXTと提携、クーポン等をNFTで販売へ、アスターの「Astar zkEVM」が問題解決で正常稼働、「Polygon CDK」に原因と報告、モジュール型ブロックチェーン「Avail」がエアドロップ実施か、X匿名アカウントがリーク、ブエノスアイレス当局がワールドコイン(WLD)提訴、ユーザー保護法違反で1.7億円の罰金可能性も

モジュール型ブロックチェーン「Avail」がエアドロップ実施か、X匿名アカウントがリーク

モジュラーブロックチェーンプロジェクトのアベイル(Avail)が、独自トークン「AVAIL」のエアドロップを実施する予定のようだ。このことは4月11日にX匿名アカウントBitcoineo氏が同エアドロップに関する情報を投稿した際に、アベイルの広報担当が「リーク情報」としたことで分かった

【4/12話題】ワールドコインのユーザー数が1000万人、メルカリのビットコイン取引サービス利用者数200万人など

【取材】グリー初のブロックチェーンゲーム、「釣りスタ」で「Sui」採用、自民党が「web3ホワイトペーパー2024」策定、暗号資産取引の申告分離課税の検討やレバレッジ倍率等に提言、ソラナ(SOL)の混雑問題改善に向け修正版ソフトウェアがリリース、テスト実施へ、Chainlink、クロスチェーンメッセージングアプリ「Transporter」リリース、Japan Open Chainと日本郵便、山形県山辺町の「NFTアート」発行・販売へ、米ジェミナイ、英サッカークラブ「RBFC」へ約7億円のビットコイン投資、アニモカジャパンがNFTローンチパッドを今夏提供へ、プロジェクトの募集も