バイナンスの欧州提携銀行ペイセーフ、9月にサポート終了へ

ペイセーフがバイナンスへのサポートを9月終了へ

バイナンス(Binance)の欧州提携銀行であるペイセーフ・ペイメント・ソリューションズ(Paysafe Payment Solutions)が、9月25日から欧州経済領域(EEA)全域において、バイナンスへの組み込みウォレット・ソリューションの提供を停止すると6月29日発表した。

ペイセーフは「弊社とバイナンスは現在、今後数ヵ月の間にこのサービスを終了するための、秩序ある公正なプロセスを相互に実施する為に取り組んでいる」とロイターへのメールで述べた。

バイナンスはこのニュースを確認し、単一ユーロ決済圏(SEPA)を通じたユーロの入出金のための銀行プロバイダーを変更すると述べた。しかし、新しいパートナーについての詳細は明らかにしなかった。

バイナンスの広報担当者は「追って詳しい情報を提供する」と述べている。

バイナンスは通常、決済仲介業者を通じてSEPAにアクセスしている。

「停止までの間、Binance.comでの暗号資産(仮想通貨)の売買だけでなく、他の法定通貨の入出金方法はすべて影響を受けないままである」と広報担当者は付け加えた。

今回のペイセーフの決定は、マネーロンダリングの取り締まりに熱心な規制当局からの監視にバイナンスが直面している時に下された。

今月初め、バイナンスとその米国関連会社は米証券取引委員会(SEC)と合意し、規制当局から提起された包括的な訴訟が解決するまで、米国の顧客資産が国内に留まるようにした。

なおバイナンスは昨年ペイセーフと提携し、英国の決済と銀行口座送金を監督するネットワークであるファスター・ペイメントを通じて、ユーザーがポンドを入金できるようにした。

はじめてのビットコインはメルカリで

関連ニュース

※この記事は「あたらしい経済」がロイターからライセンスを受けて編集加筆したものです。
Binance’s European banking partner Paysafe to withdraw support
Reporting by Rishabh Jaiswal in Bengaluru; Additional reporting by Rahat Sandhu, Yana Gaur, Anirudh Saligrama and Jyoti Narayan; editing by Sherry Jacob-Phillips, Jason Neely and Shinjini Ganguli
翻訳:大津賀新也(あたらしい経済)
images:Reuters

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

大津賀新也

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

合わせて読みたい記事

コスモス開発会社オールインビッツ、ガバナンス専用チェーン「GovGen」立ち上げとコスモスのフォークチェーン発表

コスモス(Cosmos)エコシステムの開発会社オールインビッツ(All in Bits)が、ガバナンス専用チェーン「ガバジェン(GovGen)」立ち上げを2月24日発表した。また同社は同日、コスモス(Cosmos)エコシステムの中心となるブロックチェーン「コスモスハブ(Cosmos Hub)」からフォークするチェーン「アトムワン(AtomOne)」の立ち上げ予定も発表している