Sui財団、バイナンスでのステーキング報酬売却の噂を否定

Sui財団がロック中のSUIトークンで得た報酬の売却について否定

レイヤー1ブロックチェーン「Sui(スイ)」の開発を主導するスイ財団(Sui Foundation)が、ツイッターに投稿された同財団のSUIトークン売却に関する報告について、否定する旨のツイートを6月28日投稿した。SUIトークンはSuiブロックチェーンのガス代やステーキングに利用されるネイティブトークンのこと。

今回バイナンスによって否定された報告は、暗号資産トレーダーの「DeFi^2」が6月27日に投稿したものだ。その報告によるとスイ財団は大手暗号資産(仮想通貨)取引所バイナンスでロック中のSUIトークンから得たステーキング報酬を何度も分割し、最終的にはバイナンスで売却しているといったもの。この報告は投稿されてすぐに拡散された。

同氏は報告の中でスイ財団のウォレットの追跡を行っており、SUIトークン全体の30パーセントをステーキングするウォレットからいくつかのアドレスを経由し、バイナンスに送金されていることを指摘した。

スイ財団はこの報告に対し「SUIトークンの段階的な追加供給は当初から伝えていた通りに行われており、コインマーケットキャップが報告している時価総額を超えたことはない。スイ財団はバイナンスや他のサービスにロックされていて循環していないトークンによる報酬を売却していない」と報告を否定した。また関係者に割り当てられたトークンについてもロックアップや送金制限が課せられたままであると語っている。

スイ財団のウォレットからの送金に関しては、コントラクトによってロックされたトークンの移動であると説明している。しかし、これは売却と変わらない資金の移動であるとの意見が寄せられており、未だ問題は解決していない。

はじめてのビットコインはメルカリで

関連ニュース

参考:dYdX
デザイン:一本寿和
images:iStocks/taa22

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

田村聖次

和歌山大学システム工学部所属
格闘技やオーケストラ、茶道など幅広い趣味を持つ。
SNSでは、チェコ人という名義で、ブロックチェーンエンジニアや、マーケターとしても活動している。「あたらしい経済」の外部記者として記事の執筆も。

和歌山大学システム工学部所属
格闘技やオーケストラ、茶道など幅広い趣味を持つ。
SNSでは、チェコ人という名義で、ブロックチェーンエンジニアや、マーケターとしても活動している。「あたらしい経済」の外部記者として記事の執筆も。

合わせて読みたい記事

【4/16話題】香港でビットコインとイーサリアムの現物ETFが承認、STEPNがアディダスとNFTスニーカーなど

香港SFC、ビットコインとイーサリアムの現物ETFを承認、STEPNがアディダスと提携、1000個限定のコラボNFTスニーカー発売へ、独連邦銀行LBBW、暗号資産カストディ事業に参入へ、お好み焼専門店「千房」がLINE NEXTと提携、クーポン等をNFTで販売へ、アスターの「Astar zkEVM」が問題解決で正常稼働、「Polygon CDK」に原因と報告、モジュール型ブロックチェーン「Avail」がエアドロップ実施か、X匿名アカウントがリーク、ブエノスアイレス当局がワールドコイン(WLD)提訴、ユーザー保護法違反で1.7億円の罰金可能性も

モジュール型ブロックチェーン「Avail」がエアドロップ実施か、X匿名アカウントがリーク

モジュラーブロックチェーンプロジェクトのアベイル(Avail)が、独自トークン「AVAIL」のエアドロップを実施する予定のようだ。このことは4月11日にX匿名アカウントBitcoineo氏が同エアドロップに関する情報を投稿した際に、アベイルの広報担当が「リーク情報」としたことで分かった

【4/12話題】ワールドコインのユーザー数が1000万人、メルカリのビットコイン取引サービス利用者数200万人など

【取材】グリー初のブロックチェーンゲーム、「釣りスタ」で「Sui」採用、自民党が「web3ホワイトペーパー2024」策定、暗号資産取引の申告分離課税の検討やレバレッジ倍率等に提言、ソラナ(SOL)の混雑問題改善に向け修正版ソフトウェアがリリース、テスト実施へ、Chainlink、クロスチェーンメッセージングアプリ「Transporter」リリース、Japan Open Chainと日本郵便、山形県山辺町の「NFTアート」発行・販売へ、米ジェミナイ、英サッカークラブ「RBFC」へ約7億円のビットコイン投資、アニモカジャパンがNFTローンチパッドを今夏提供へ、プロジェクトの募集も