グリー、Suiのミステンラボと戦略的パートナーシップ

グリーがミステンラボと戦略的パートナーシップを締結

グリーが、レイヤー1ブロックチェーン「Sui(スイ)」の開発を主導する米ミステンラボ(Mysten Labs)と戦略的パートナーシップに係る覚書の締結を6月22日に発表した。

この提携は、web3事業を推進する目的で昨年7月に設立されたグリーの100%子会社のシンガポール法人BLRD(ブラード)を通じて行われたとのこと。

これによりブラードは、「Sui」のバリデーター運営を開始すると同時に、日本発のIPを活用したweb3ゲームについて「Sui」への展開に向けた取り組みを進めてると伝えている。なおバリデーターとは、ブロックチェーンのネットワークに接続し、チェーン上の取引が正しいかどうかを検証するノード(コンピューター端末)またはその運営者のことだ。

「Sui」の開発を主導するミステンラボ(Mysten Labs)は、メタ(Meta)のブロックチェーン研究開発部門であるディエム(Diem)の元リードエンジニアたちによって設立された法人だ。「Sui」のメインネットは先月5月3日にローンチしたばかりであり、高い処理性能による高速なトランザクションと低い手数料で利用できることから高く評価されている。

グリーは昨年9月、web3事業へ参入することを発表した。事業参入にあたりグリーは、有力ブロックチェーンのバリデーターノードの運営も行うとしており、昨年12月にはブラードがポリゴン(Polygon)ブロックチェーンのバリデーターノード運営を開始している。

また昨年10月にはレイヤー1ブロックチェーン「アバランチ(Avalanche)」の開発を主導する米アバラボ(Ava Labs)とも戦略的パートナーシップを締結しバリデーターノード運用を開始している。

なお日系企業の「Sui」のバリデーターノード運営は初めてではなく、gumi(グミ)のブロックチェーン事業を展開するシンガポール法人の連結子会社gC Games Singaporeも6月9日に発表している。

はじめてのビットコインはメルカリで

関連ニュース

参考:リリース
デザイン:一本寿和

images:iStocks/klikk・Lidiia-Moor

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

田村聖次

和歌山大学システム工学部所属
格闘技やオーケストラ、茶道など幅広い趣味を持つ。
SNSでは、チェコ人という名義で、ブロックチェーンエンジニアや、マーケターとしても活動している。「あたらしい経済」の外部記者として記事の執筆も。

和歌山大学システム工学部所属
格闘技やオーケストラ、茶道など幅広い趣味を持つ。
SNSでは、チェコ人という名義で、ブロックチェーンエンジニアや、マーケターとしても活動している。「あたらしい経済」の外部記者として記事の執筆も。

合わせて読みたい記事

【6/20話題】グリーのSui採用ゲーム「釣りスタ」配信開始、コナミが「Avalancheサブネット」採用など

【取材】グリー、Sui採用ブロックチェーンゲーム「釣りスタ」配信開始、米クラーケン、入金システムバグ発見の「セキュリティ研究者」と対立、コナミが「Avalancheサブネット」採用、NFT提供ソリューション「リセラ」に、バイナンス、BNB保有者向けエアドロサービス「HODLer Airdrops」開始、バイナンスにLayerZero(ZRO)上場へ、バイナンスUS、米国の複数の州でライセンス取り消し相次ぐ=報道、ハッシュキーのグローバル向け暗号資産取引所「HashKey Global」、先物取引のサービス提供開始、ビットコインステーキング「Babylon」、テストネットの次段階を開始へ、リキッドリステーキングプロトコル「Renzo」、1700万ドル調達、イーサリアム「edcon2024 TOKYO」、ヴィタリックが現地参加でヘッドライナーに。本田圭佑の出演も

Sponsored