グリー子会社「BLRD」、ポリゴン(MATIC)のバリデーターノード運営開始

BLRDがポリゴンのバリデーターノード運営開始

グリー100%子会社のBLRD(ブラード)が、ポリゴン(Polygon)ブロックチェーンのバリデーターノード運営の開始を12月20日発表した。同社はポリゴンネットワークのパフォーマンス、セキュリティ、分散性に貢献していくとしている。

なおブラードは、グリーがweb3事業を推進する目的で今年の7月1日に新設したシンガポール法人だ。

ブラードはポリゴンブロックチェーンのバリデーター運営を開始した理由について「ゲームを提供するために適したブロックチェーンの候補として」と述べている。なおポリゴンブロックチェーンのバリデーターの上限数は100のみとのことだ。

グリーは10月にも「アバランチ(Avalanche)」のバリデーターノード運用を発表していた。これにあたりグリーはブラードを通じて「アバランチ」の開発を主導する米アバラボ(Ava Labs)との戦略的パートナーシップを締結している。

また7月には、ゲーム特化のブロックチェーンプロジェクト「Oasys(オアシス)」の初期バリデータにグリーが参加したことも発表されていた。

グリーは今年9月、web3事業へ参入することを発表していた。事業参入にあたりグリーは、有力ブロックチェーンのバリデーターノードの運営も行うとしていた。

その際の発表ではグリーの100%子会社であるリアリティ(REALITY)を通じてグリーが持つノウハウや経験を活かし、ブロックチェーンゲームの開発およびパブリッシングを行っていくとしていた。

関連ニュース

グリーがアバランチ(AVAX)の「Ava Labs」と提携、新設子会社「BLRD」通じて日系企業初

グリーがweb3事業参入を表明、ブロックチェーンゲーム開発を視野

グリー、ゲーム特化「Oasys」初期バリデータに参加

グリーがメタバース事業に参入、ブロックチェーン経済圏など鑑みて100億円規模投資

アミューズがNFT対応ウォレット「A Wallet」提供開始、ポリゴン採用で

参考:グリー
デザイン:一本寿和
images:iStocks/ChrisGorgio

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

大津賀新也

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

合わせて読みたい記事

【6/20話題】グリーのSui採用ゲーム「釣りスタ」配信開始、コナミが「Avalancheサブネット」採用など

【取材】グリー、Sui採用ブロックチェーンゲーム「釣りスタ」配信開始、米クラーケン、入金システムバグ発見の「セキュリティ研究者」と対立、コナミが「Avalancheサブネット」採用、NFT提供ソリューション「リセラ」に、バイナンス、BNB保有者向けエアドロサービス「HODLer Airdrops」開始、バイナンスにLayerZero(ZRO)上場へ、バイナンスUS、米国の複数の州でライセンス取り消し相次ぐ=報道、ハッシュキーのグローバル向け暗号資産取引所「HashKey Global」、先物取引のサービス提供開始、ビットコインステーキング「Babylon」、テストネットの次段階を開始へ、リキッドリステーキングプロトコル「Renzo」、1700万ドル調達、イーサリアム「edcon2024 TOKYO」、ヴィタリックが現地参加でヘッドライナーに。本田圭佑の出演も

Sponsored