【取材】web3アクセラArriba Studio、博報堂DYやアミューズらから資金調達

Arriba Studioが資金調達

シンガポールと東京を拠点にweb3起業家支援を行うアリーバスタジオ(Arriba Studio)が、国内外大手事業会社からの資金調達を12月20日に発表した。博報堂DYグループ、Game On、アミューズらなどから調達したのとのこと。

なお今回の達額は公開されていないが、これまでの同社の累計の調達額は7億円になるとのことだ。 

今回の調達で、web3企業のアクセラレーター活動を強化し、出資や支援先の幅もシンガポールに加えてUAE等全世界へ拡大していくという。

シンガポール進出支援の拡充への取り組みとして、シンガポールでJR東⽇本グループが展開するコワーキングスペース「One&Co」と提携し、web3スタートアップを支援するプログラム等の検討を進めるとのこと。またアリーバスタジオのオフィスアワーやコミュニティイベント等も現地にて定期的に実施していく予定だ。

なお同社が開催するイベント「ArribaX」については、日本・シンガポール同時開催を目指すとのこと。そしてUAEへの進出支援のために同社内に進出準備室を開設したとのことだ。 ・またAWSやGoogle Cloudと提携し、出資先に対して開発用クーポンを提供するとのこと。

なお今年7月にアリーバスタジオ(Arriba Studio)は、日本発のゲーム特化ブロックチェーンプロジェクト「オアシス(Oasys)」と、ゲームギルドのイールドギルドゲームスの日本版「YGG Japan」へトークン出資を行なっている。

アリーバスタジオ佐藤氏へ取材

「あたらしい経済」編集部は、アリーバスタジオ創業者で代表の佐藤崇氏へ取材を行った。

––国内事業者は、web3のどの領域に最も関心を集めているのでしょうか?

目下既存の事業モデルで限界が近い、ゲーム・エンタメ周辺領域になっていくのではないでしょうか?

国内事業者が一方で事業拡大を進める過程で、海外発のトークンやエコシステムが以前として使いにくい話はたくさんあるので周辺領域への投資も進むと思います。

––またArriba Studioは2023年、どのような領域への投資を進めていきたいですか?

マーケットチェンジャーになりうるプレイヤーにリード的な存在で投資実行をしていきたいです。

分野としては、ゲームが従来多かったですが、今後は、コミュニケーション/マーケティング系、xFi系、インフラ/saas系に注力していくと思います。

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

竹田匡宏

兵庫県西宮市出身、早稲田大学人間科学部卒業。
「あたらしい経済」の編集者・記者。

兵庫県西宮市出身、早稲田大学人間科学部卒業。
「あたらしい経済」の編集者・記者。

合わせて読みたい記事

【2/22話題】スターテイルがサムスンらから約5億円調達、エルフトークン(ELF)の付与延期「協議中の事項」でなど

アスター渡辺創太のスターテイル、サムスンとUOB銀行から約5億円の追加調達、国内5例目IEO「エルフトークン(ELF)」の付与延期、ハッシュパレットとビットフライヤーで「協議中の事項」により、PBADAO、暗号屋、幻冬舎がブロックチェーンエコシステム研究所「TRI」発足、ユースケースが学べるレポート公開、Zaifが今春からステーキングサービス提供へ、チューリンガムと共同開発で、オーケーコインジャパンにソラナ(SOL)上場へ、メタマスクの「セキュリティアラート」、ポリゴンやアバランチ、BNBチェーンなどでも利用可能に、イーサリアムL2のOptimism、4回目の「OP」エアドロップ開始、韓国与党、暗号資産収益への課税を2年延期の提案=報道、バイナンス、レバレッジトークンのサービス廃止へ、Japan Fintech Weekサイドイベント「MPCウォレットFireblocksが変えるWeb3金融ビジネス」2/28開催

【国内初】オーケーコイン・ジャパンにアプトス(Aptos)上場へ、2月26日よりAPTが当たるキャンペーンも

国内暗号資産(仮想通貨)取引所オーケーコイン・ジャパン(OKCoinJapan)が、アプトス(APT)の上場予定を発表した。上場は2月26日17時の予定で、アプトス(APT)の取り扱いは国内の取引所では初の事例となる。なお今回の発表に合わせ、同社はAPT上場記念キャンペーンの開催も発表した(詳細記事後半)。

Sponsored

【2/21話題】USDCのトロンサポート終了へ、楽天証券がセキュリティトークン市場参入など

大和証券が国内初の「全額電子マネー利払い」の証券トークン社債発行へ、楽天証券が市場参入、プログマ活用で、サークル「USDC」、トロンのネイティブサポート終了へ、英国、今後半年以内に「ステーブルコインとステーキング関連の新規制」導入目指す=報道、エドワード・スノーデン、「ビットコインは貨幣の誕生以来最も重要な通貨の進歩」と評価、チリーズ(CHZ)が韓国サッカーKリーグと提携、スポーツリーグ初のバリデータに、国内初、商業施設を投資対象にした不動産セキュリティトークンが発行完了、クオーラム基盤「ibet for Fin」で、アプトス財団、web3スマホ「JamboPhone」販売のジャンボと提携