グリーがメタバース事業に参入、ブロックチェーン経済圏など鑑みて100億円規模投資

グリーがメタバース事業に参入

グリー株式会社が同社子会社のREALITY株式会社を中心として「メタバース事業」に参入することを8月6日発表した。今後2、3年で100億円規模の事業投資を行い、グローバルで数億ユーザーを目指すとのことだ。

リリースによると今回グリーが「メタバース事業」に参入を決めた理由として「コロナ禍において世界中で生活のデジタルシフトが進んだことや、5GネットワークやVRデバイスの普及、ブロックチェーンをベースにした経済圏の拡大が加速している状況を鑑みた」と説明されている。

グリーの子会社REALITY株式会社では、個人ユーザー向けにバーチャルライブ配信アプリ「REALITY」事業を、法人向けに3D CGやXRテクノロジーを活用したメタバース構築プラットフォーム「REALITY XR cloud」事業を展開しており、今後はREALITYが展開してきたライブエンターテインメント事業をメタバース事業と再定義し、さらに積極投資を行っていくとのことだ。

また今回の「メタバース事業」参入の第一歩として、8月6日に「REALITY」のアプリ内にて「ワールド」機能を期間限定で公開するとのこと。この機能では8種類のバーチャル空間の中で自由に歩き回り、アバター同士でコミュニケーションをとることができるとのことだ。

参考:グリー

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

大津賀新也

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

合わせて読みたい記事

【4/23話題】上場企業メタプラネットが10億円でビットコイン購入、日銀がCBDCパイロット実験の進捗報告など

東証スタンダード上場のメタプラネット、10億円相当のビットコイン購入を報告、日銀、「中銀デジタル通貨パイロット実験」の進捗状況を報告、Magic Eden、ビットコイン(BTC)のトークン規格「Runes」をサポート開始、コインベースにweb3ゲームの「Karrat(KARRAT)」上場へ、暗号資産決済「スラッシュ」の独自トークン「SVL」、海外取引所Bybitに上場へ、セロ(CELO)、イーサリアムL2移行に「OPスタック」選択、「Runes」ローンチでビットコインの手数料収入が急騰、過去最高クラスへ、タイSEC、無認可の暗号資産取引所へのアクセスブロックを計画、不正行為防止へ、シバイヌ(SHIB)、未公開トークン「TREAT」販売で約19億円を調達