Suiのミステンラボ、F1「オラクル・レッドブル・レーシング」と複数年のパートナーシップ契約

SuiがRed Bull Racingの公式パートナーに

スイ(Sui)ブロックチェーンを開発するミステンラボ(Mysten Labs)が、F1チーム「オラクル・レッドブル・レーシング(Oracle Red Bull Racing)」の公式ブロックチェーンパートナーになったことを6月1日発表した。

ミステンラボは「オラクル・レッドブル・レーシング」と複数年にわたるパートナーシップを締結したとのことだ。これによりミステンラボは、まずは今後数か月間、スイを活用して世界中のファンが楽しめる没入型のデジタル体験の構築に取り組むとしている。

「オラクル・レッドブル・レーシング」代表兼CEOのクリスチャン・ホーナー(Christian Horner)氏は、今回の提携について「オラクル・レッドブル・レーシングは、真にユニークで先進的な方法で世界中のファンとチームを結びつける可能性を認識し、F1にブロックチェーン技術をいち早く導入した」と述べ、また「スイとの提携によりそのエクスペリエンスが向上し、アクセスがより簡単で安全、そして魅力的なものになる」と発表にてコメントしている。

オラクル・レッドブル・レーシングによるweb3関連の動き

「オラクル・レッドブル・レーシング」は、レッドブル・レーシング・ホンダが昨年に提携した、クラウドインフラストラクチャ企業オラクル(Oracle)とのパートナーシップ拡大による新チーム名称だ。昨年2月に2022年シーズンの新型車両とオラクルとのタイトルスポンサー契約が発表され、その際にチームのエントリー名が「オラクル・レッドブル・レーシング」へ変更された。

そして「オラクル・レッドブル・レーシング」は昨年の同月に、暗号資産(仮想通貨)デリバティブ取引所バイビット(Bybit)と複数年にわたるスポンサー契約を締結したことを発表。

なお契約金は、暗号資産関連企業によるスポーツチームとの契約において史上最高額と発表されていた。因みに当時の各社報道では3年間の契約で1億5000万ドル(約173億円)と見積もられている。

また一昨年の5月には、レッドブル・レーシング・ホンダ(Red Bull Racing Honda)とブロックチェーンテゾス(Tezos)は技術提携をしている。この提携はレッドブル・レーシング・ホンダが、チーム初のデジタルコレクティブルNFTシリーズを、テゾスブロックチェーンで独占的に販売する内容だった。

関連ニュース

参考:Mysten LabsRed Bull Racing
images:iStocks/antoniokhr

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

一本寿和

「あたらしい経済」編集部
記事のバナーデザインを主に担当する他、ニュースも執筆。
「あたらしい経済」で学んだことを活かし、ブロックチェーン・NFT領域のバーチャルファッションを手がけるブランド「JAPAN JACKET」を2021年10月より共同創業。

「あたらしい経済」編集部
記事のバナーデザインを主に担当する他、ニュースも執筆。
「あたらしい経済」で学んだことを活かし、ブロックチェーン・NFT領域のバーチャルファッションを手がけるブランド「JAPAN JACKET」を2021年10月より共同創業。

合わせて読みたい記事

【4/23話題】上場企業メタプラネットが10億円でビットコイン購入、日銀がCBDCパイロット実験の進捗報告など

東証スタンダード上場のメタプラネット、10億円相当のビットコイン購入を報告、日銀、「中銀デジタル通貨パイロット実験」の進捗状況を報告、Magic Eden、ビットコイン(BTC)のトークン規格「Runes」をサポート開始、コインベースにweb3ゲームの「Karrat(KARRAT)」上場へ、暗号資産決済「スラッシュ」の独自トークン「SVL」、海外取引所Bybitに上場へ、セロ(CELO)、イーサリアムL2移行に「OPスタック」選択、「Runes」ローンチでビットコインの手数料収入が急騰、過去最高クラスへ、タイSEC、無認可の暗号資産取引所へのアクセスブロックを計画、不正行為防止へ、シバイヌ(SHIB)、未公開トークン「TREAT」販売で約19億円を調達