フォビグローバル、香港の暗号資産コンソーシアム「HKVAC」の最初のメンバーに

「HKVAC」に最初のメンバーとしてフォビ参加

海外暗号資産(仮想通貨)取引所「フォビグローバル(Huobi Global)」が、香港での暗号資産市場の促進を目指して立ち上げられた組織「Hong Kong Virtual Assets Consortium(HKVAC)」に最初のメンバーとして参加したことを5月31日に発表した。

フォビは5月26日に「Huobi Hong Kong:Huobi HK(フォビ香港)」の立ち上げを発表しており、5月29日には香港証券先物取引委員会(SFC)へライセンス申請書を提出したことが分かっている。

また香港は現在暗号資産のハブを目指しており、5月には新しい取引所の規制を導入した。香港証券先物取引委員会は5月23日の発表で「ガイドラインに従う意思のあるプラットフォームの運営者によるライセンス申請を歓迎する」と述べている。なお規制導入により、個人投資家でも暗号資産の取引を香港で行えるようになった。

ガイドラインの内容は資産保管の安全要件、サイバーセキュリティ基準、顧客資産の分離などが含まれており6月1日に発効される予定であるという。またライセンスの申請が殺到していることや「Hong Kong Licensed Virtual Assets Association」と「Web3 Harbor」という二つの組織が発足したことも報じられている。

中国拠点の大手暗号資産(仮想通貨)取引所OKX(オーケーエックス)も3月に香港法人を設立し香港での暗号資産交換業者(VASP)のライセンス申請を行うと発表した。

また暗号資産(仮想通貨)金融サービス事業者のアンバーグループ(Amber Group)も日本事業を売却し、香港での暗号資産交換業者(VASP)ライセンスを申請する予定だと報じられている。

関連ニュース

参考:PANews
デザイン:一本寿和

images:iStocks/SB・Rawpixel

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

田村聖次

和歌山大学システム工学部所属
格闘技やオーケストラ、茶道など幅広い趣味を持つ。
SNSでは、チェコ人という名義で、ブロックチェーンエンジニアや、マーケターとしても活動している。「あたらしい経済」の外部記者として記事の執筆も。

和歌山大学システム工学部所属
格闘技やオーケストラ、茶道など幅広い趣味を持つ。
SNSでは、チェコ人という名義で、ブロックチェーンエンジニアや、マーケターとしても活動している。「あたらしい経済」の外部記者として記事の執筆も。

合わせて読みたい記事

【4/23話題】上場企業メタプラネットが10億円でビットコイン購入、日銀がCBDCパイロット実験の進捗報告など

東証スタンダード上場のメタプラネット、10億円相当のビットコイン購入を報告、日銀、「中銀デジタル通貨パイロット実験」の進捗状況を報告、Magic Eden、ビットコイン(BTC)のトークン規格「Runes」をサポート開始、コインベースにweb3ゲームの「Karrat(KARRAT)」上場へ、暗号資産決済「スラッシュ」の独自トークン「SVL」、海外取引所Bybitに上場へ、セロ(CELO)、イーサリアムL2移行に「OPスタック」選択、「Runes」ローンチでビットコインの手数料収入が急騰、過去最高クラスへ、タイSEC、無認可の暗号資産取引所へのアクセスブロックを計画、不正行為防止へ、シバイヌ(SHIB)、未公開トークン「TREAT」販売で約19億円を調達