Huobiが中国の新規ユーザー登録停止、年内に既存ユーザーは退会へ

Huobiが中国の新規ユーザー登録停止

暗号資産(仮想通貨)取引所を運営するフォビ・グローバル(Huobi Global)が、2021年9月24日より中国本土の新規ユーザーのアカウント登録を停止したことが9月26日に分かった。

また今後フォビ・グローバルは今年12月31日24時までに中国本土の既存のユーザーアカウントを段階的に退会させていくとのことだ。なおユーザーの資産の安全性はフォビ・グローバルが確保していくとされている。

中国はこれまで何度も暗号資産に対して厳しく規制していたが、先週9月24日に中国人民銀行(中央銀行)を含む中国の証券、銀行規制当局などの10機関が暗号資産(仮想通貨)の取引とマイニングを全面的に禁止することが発表され、その規制がより強まったと報じられている。

具体的に、中国の主要機関らは暗号資産に関連する活動を「違法」と位置付け、海外の取引所が中国本土向けのサービスを提供することも禁止した。

フォビは今回の対応を中国本土で暗号資産等に適用されるすべての法律に遵守するためとのことしてり、先週発表された規制に対応する動きをとったかたちだ。

なお今年7月末にフォビは中国での取引所事業を正式に解散する予定であることを明らかにしていた。フォビは数年前に取引所事業を中国から事実上撤退させているとのことだ。

今後このように中国でのユーザーを多く抱える取引所が同様の対応をしていくと考えられる。

また中国政府は2022年に開催される冬季北京オリンピックでデジタル人民元(中国の中央銀行デジタル通貨)のローンチを予定している。

そのことから一連の暗号資産規制の強化は、デジタル人民元の影響力を国際的に拡大させる狙いがあるのではないかと考えられる。

参考:フォビ・グローバル
デザイン:一本寿和
images:iStocks/Smederevac

この記事の著者・インタビューイ

竹田匡宏

兵庫県西宮市出身、早稲田大学人間科学部卒業。
「あたらしい経済」の編集者・記者。

兵庫県西宮市出身、早稲田大学人間科学部卒業。
「あたらしい経済」の編集者・記者。

合わせて読みたい記事

【9/22話題】アスターがビットバンクに国内初上場、コインチェックがイーサリアムネームサービス取扱など(音声ニュース)

国内初、アスター(ASTR)がビットバンクに上場へ。日本市場に本格参入、Coincheck NFT(β版)、イーサリアムネームサービス(ENS)取扱いへ、野村HDがスイスで暗号資産事業等の新会社、web3領域企業に投資へ、香港金融管理局、リテール型CBDCのロードマップ発表、ディーカレットが「Amber Japan」に社名変更し、デジタル資産PF「WhaleFin」提供開始、OpenSeaが「オープンレアリティ」実装、NFTの希少性表示、ソラナ(SOL)のNFTマーケ「Magic Eden」、イーサリアムに対応、クラーケン、リキッドステーキングプロトコル「Liquid Collective」の開発に参加、FTXグローバル、ソラナのDeFi「Hubble Protocol(HBB)」取り扱いへ、THNDR Games、「ソリティア」でビットコインを稼げるスマホゲームリリース、コインベース、web3開発者向けに無料API「Node by Coinbase Cloud」公開、Boba Network、アバランチ(AVAX)初のL2スケーリングに採用、クラーケンCEOジェシー・パウエル氏が辞任、会長職に

Sponsored

クラーケン、リキッドステーキングプロトコル「Liquid Collective」の開発に参加

堅牢性と透明性を備えたリキッドステーキングプロトコル「リキッド・コレクティブ(Liquid Collective)」の開発を目的としたコンソーシアムに暗号資産取引所クラーケン(Kraken)が参加したことを、同プロトコルの開発をサポートするアルヴィアル(Alluvial)が9月20日に発表した