OKX、ビットコインベースの新トークン規格「BRC-30」提案。ステーキング可能に

OKXが新トークン規格「BRC-30」提案

海外暗号資産(仮想通貨)取引所のOKX(オーケーエックス)が、ビットコイン(Bitcoin)ネットワーク上で使用されるトークン規格「BRC-20」を拡張した新たなトークン規格「BRC-30」を6月1日に提案した。

「BRC-30」は「BRC-20」と同様にビットコインの最小単位である1satoshi(0.00000001BTC)に通し番号をつけ、ひとつのsatoshiに任意のデータを紐づけるプロトコル「Ordinals(オーディナルズ)」を活用したトークン規格。ビットコインネットワーク上にファンジブルトークンを表現する「BRC-20」のこれまでの機能に、ステーキングメカニズムを導入したものである。

具体的にはビットコインや「BRC-20」トークンをステーキングすることで「BRC-30」トークンを受け取れるといった設計が可能になる。これにより現在流通している「BRC-20」トークンの利用用途を増やし、エコシステムへの参加促進を目的としているとのこと。

OKXは、同社提供の暗号資産ウォレットアプリケーション「OKX Wallet(オーケーエックスウォレット)」で「BRC-30」トークンのサポートを開始することを発表している。

OKXの最高イノベーション責任者ジェイソン・ラウ(Jason Lau)氏は「ビットコインとBRC-20トークンのステーキングを可能にするBRC-30規格を提案し先駆けることができて大変うれしく思います」と語っている。

「Ordinals」は今年1月に公開されたプロトコルで、人気NFTプロジェクト「Bored Ape Yacht Club(BAYC)」を運営するユガラボ(Yuga Labs)による「ビットコインパンクス(Bitcoin Punks)」など多くのプロジェクトで稼働している。

またミームコインの「ぺぺ(Pepe)」など「BRC-20」トークン市場も注目されており、市場全体で約4.75億ドル(約660億円)の時価総額となっている。また執筆時点で「BRC-20」トークンは24,677種類が発行されている(6/2 BRC-20.io調べ)。

関連ニュース

参考:OKX
デザイン:一本寿和

images:iStocks/your_photo

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

田村聖次

和歌山大学システム工学部所属
格闘技やオーケストラ、茶道など幅広い趣味を持つ。
SNSでは、チェコ人という名義で、ブロックチェーンエンジニアや、マーケターとしても活動している。「あたらしい経済」の外部記者として記事の執筆も。

和歌山大学システム工学部所属
格闘技やオーケストラ、茶道など幅広い趣味を持つ。
SNSでは、チェコ人という名義で、ブロックチェーンエンジニアや、マーケターとしても活動している。「あたらしい経済」の外部記者として記事の執筆も。

合わせて読みたい記事

【5/17話題】スラッシュがSlash Vプリカ SHOP開始、SECのSAB121覆す決議案が可決など

スラッシュが「Slash Vプリカ SHOP」開始、暗号資産でVプリカ購入可能に、米上院、SECの暗号資産会計ルール「SAB121」を覆す決議案を可決、インド証券取引委員会、暗号資産取引の監督に前向き、準備銀行とは対照的に、仏証券監督当局、投資家にBybitの無登録営業を警告、KuCoin、ナイジェリアの規制準拠に向け一部サービスを停止、米CME、ビットコイン現物取引の提供検討か=報道、リップル、「XRP Ledger」をコスモスのインターチェーンに接続、マスターカードがカーボンクレジットのトークン化における概念実証完了、スタンダードチャータード銀行らと、DTCC、大手銀行らとファンドのトークン化推進する「Smart NAV」の実証実験完了。チェーンリンク活用で