L1ブロックチェーン「Sui(SUI)」、メインネットがローンチ

Suiのメインネットがローンチ

新興レイヤー1ブロックチェーンのSui(スイ)のメインネットが、東部標準時で5月3日8時(日本時間同日22時)にローンチした。

Suiはメタ(Meta)のブロックチェーン研究開発部門であるディエム(Diem)の元リードエンジニアたちによって設立されたミステンラボ(Mysten Labs)開発のブロックチェーン。高い処理性能による高速なトランザクションと低い手数料で利用できることから高く評価されている。

なおSuiはディエム開発の開発言語「Move(ムーブ)」を採用している。またSuiの他に、ディエムの開発チームに所属していた元メンバーによって開発されているL1ブロックチェーン「アプトス(Aptos)」でも、Suiと同じく開発言語には「Move」が採用されている。

Suiのネイティブトークン「SUI」は、Suiブロックチェーンを利用する際に必要なガス代などに利用されるトークンであり、クーコイン(Kucoin)やバイビット(Bybit)などの暗号資産取引所でIEO(イニシャル・エクスチェンジ・オファリング)が行われた。

大手暗号資産取引所バイナンス(Binance)では、BNBとTUSDの所有者に向けてローンチパッドを実施し、トークンのサポートを開始した。このローンチパッドにはSUIトークンを獲得するために40 億ドル以上のトークンがステークされ、最終的に得られたトークンは1ドルあたり平均0.016SUIであったという。

記事執筆時点(5月4日13:00)、一部取引所ではIEOで購入したSUIトークンをSuiブロックチェーンに出金できず、一部の分散型取引所(DEX)やweb3ゲームなどの分散型アプリケーション(Dapps)も本格的なサポートが開始されていない状況だ。

関連ニュース

参考:スイ
デザイン:一本寿和
images:iStocks/koyu

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

田村聖次

和歌山大学システム工学部所属
格闘技やオーケストラ、茶道など幅広い趣味を持つ。
SNSでは、チェコ人という名義で、ブロックチェーンエンジニアや、マーケターとしても活動している。「あたらしい経済」の外部記者として記事の執筆も。

和歌山大学システム工学部所属
格闘技やオーケストラ、茶道など幅広い趣味を持つ。
SNSでは、チェコ人という名義で、ブロックチェーンエンジニアや、マーケターとしても活動している。「あたらしい経済」の外部記者として記事の執筆も。

合わせて読みたい記事

【5/17話題】スラッシュがSlash Vプリカ SHOP開始、SECのSAB121覆す決議案が可決など

スラッシュが「Slash Vプリカ SHOP」開始、暗号資産でVプリカ購入可能に、米上院、SECの暗号資産会計ルール「SAB121」を覆す決議案を可決、インド証券取引委員会、暗号資産取引の監督に前向き、準備銀行とは対照的に、仏証券監督当局、投資家にBybitの無登録営業を警告、KuCoin、ナイジェリアの規制準拠に向け一部サービスを停止、米CME、ビットコイン現物取引の提供検討か=報道、リップル、「XRP Ledger」をコスモスのインターチェーンに接続、マスターカードがカーボンクレジットのトークン化における概念実証完了、スタンダードチャータード銀行らと、DTCC、大手銀行らとファンドのトークン化推進する「Smart NAV」の実証実験完了。チェーンリンク活用で

︎マスターカードがカーボンクレジットのトークン化における概念実証完了、スタンダードチャータード銀行らと

決済大手の米マスターカード(Mastercard)が、スタンダードチャータード銀行香港(Standard Chartered Hong Kong:SCBHK)及びその関連会社と、顧客預金およびカーボンクレジットのトークン化における試験的な概念実証(proof-of-concept pilot:PoC pilot)の完了を5月14日発表した