Sui(SUI)でアクションゲームがリリースへ、ミステンラボがバトルモンと提携で

ミステンラボとバトルモンが提携

Sui(スイ)ブロックチェーンを開発するミステンラボ(Mysten Labs)が、web3 GameFiエコシステムであるバトルモン(Battlemon)と提携したことを3月21日に発表した。

バトルモンはNFT(非代替性トークン)を利用したアクションゲームであり、ゲーム内の武器やアクセサリーなどのすべてのオブジェクトがNFTであり、作成や売買、ベット(賭け)などが可能だ。

リリースによるとこのパートナーシップを通じてバトルモンは、Suiブロックチェーンにてアクションゲームをはじめ、NFTやDeFi、ゲームハブをリリースするとのこと。

バトルモンの創業者兼CEOであるヴィタリック・コーティアン(Vitalik Khotyan)氏は、「私たちがバトルモンプラットフォームを構築し続ける中で、ゲームプレイヤーに新しく没入感のある体験を提供するために必要なゲーム技術とインフラを持つ、包括的でスケーラブルなブロックチェーンと協力することは非常に重要なことです。Suiというそのパートナーを得られたことを非常に嬉しく思っています。Suiと一緒に、インタラクティブで先進テクノロジーであるWeb3ゲームの次の波を大衆にもたらすことを楽しみにしています。」と語っている。

ミステンラボは3月15日には大手ゲームスタジオであるブルージェイゲームズ(BlueJay Games)、3月8日にはブロックチェーンゲーム開発企業インデルベ(Indelve)とのパートナーシップ締結を発表している。

これらのパートナーシップを通じてそれぞれモバイルweb3アーケードゲームの「アーケードチャンピオン(Arcade Champion)」、宇宙をテーマにしたMMO(多人数同時参加型オンライン)ゲーム「Trantorian(トラントリアン)」をSuiでリリースすることを発表している。

関連ニュース

参考:ミステンラボ
デザイン:一本寿和
images:iStocks/koyu

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

田村聖次

和歌山大学システム工学部所属
格闘技やオーケストラ、茶道など幅広い趣味を持つ。
SNSでは、チェコ人という名義で、ブロックチェーンエンジニアや、マーケターとしても活動している。「あたらしい経済」の外部記者として記事の執筆も。

和歌山大学システム工学部所属
格闘技やオーケストラ、茶道など幅広い趣味を持つ。
SNSでは、チェコ人という名義で、ブロックチェーンエンジニアや、マーケターとしても活動している。「あたらしい経済」の外部記者として記事の執筆も。

合わせて読みたい記事

【6/7話題】米SECがコインベース提訴、SECゲンスラー委員長が「暗号資産は必要ない」と発言など(音声ニュース)

米SECがコインベースを提訴、バイナンス提訴の翌日に、米コインベースが規制枠組み推進の草案を支持、「米国は遅れを取っている」、米SECゲンスラー委員長、「暗号資産は必要ない」との考え明かす、米SEC、バイナンスUS関連の資産凍結を裁判所へ緊急要請、米ロビンフッド、SEC証券指摘の暗号資産を上場廃止検討か=報道、USDCの米サークル、シンガポールで大手決済機関ライセンス取得、SBI出資の英ゾディアカストディ、機関顧客にイーサ(ETH)ステーキング提供へ。ソフトバンク出資ブロックデーモンと、野村證券らのコマイヌ、海外大手の暗号資産取引所「OKX」がカストディアンに採用、Cboe Clear Digital、ビットコインとイーサの証拠金先物取引を提供へ。CFTC認可で、オーケーコインジャパン、ジリカ(ZIL)のステーキングサービス提供へ

Sponsored