「Sui(SUI)」上にMMOゲーム「Trantorian」構築へ、ミステンラボとインデルベ提携で

「Sui(SUI)」上にMMOゲーム「Trantorian」構築へ

新興レイヤー1ブロックチェーン「Sui(スイ)」上に、宇宙をテーマにしたMMO(多人数同時参加型オンライン)ゲーム「Trantorian(トラントリアン)」が構築されることが3月8日発表された。

これにあたり「Sui」開発のミステンラボ(Mysten Labs)と「Trantorian」開発元のブロックチェーンゲーム開発企業インデルベ(Indelve)が戦略的パートナシップを締結している。なお「Trantorian」はインデルベが開発する初のブロックチェーンゲームになるとのこと。

なお「Trantorian」は、NFTを活用した3Dによる宇宙探査・戦闘・経済・文明開発ゲームとのことだ。

ミステンラボとは

「Sui」の開発を行うミステンラボは、メタ(Meta)のブロックチェーン研究開発部門であるディエム(Diem)の元リードエンジニアたちによって設立された企業。同社はディエムでの開発経験を活かし、あらかじめ10億人のユーザーが利用することを想定してブロックチェーンの構築を進めている。

なお「Sui」はディエム開発の開発言語「Move(ムーブ)」を採用している。また「Sui」の他に、ディエムの開発チームに所属していた元メンバーによって開発されているL1ブロックチェーン「アプトス(Aptos)」でも、「Sui」と同じく開発言語には「Move」が採用されている。

「Sui」は昨年11月、外部バリデーター向けのテストネットローンチをしている。

関連ニュース

参考:Mysten Labs
デザイン:一本寿和

images:iStocks/Besiki-Kavtaradze

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

大津賀新也

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

合わせて読みたい記事

【7/19話題】ポリゴンの「MATIC」から「POL」移行は9月4日に、コインチェック流出NEM収受事件の上告棄却など(音声ニュース)

ポリゴンラボ、「MATIC」の「POL」移行は9月4日に予定、最高裁、コインチェック流出NEM収受事件の上告を棄却、インド暗号資産取引所ワジールX、マルチシグウォレットのハッキング受け2億ドル超が不正流出、トランプが「ビットコインカンファレンス2024」で資金調達イベント実施か、1名参加費は約1.3億円=報道、ヴィタリック、「親クリプト派という理由だけで候補者を選ぶべきでない」と警告、米クラーケン、機関投資家向けカストディサービスを英国と豪州に拡大、コインベースにゲーム特化型L2「Ancient8(A8)」上場へ、香港金融管理局「ステーブルコイン発行者サンドボックス」にアニモカブランズら参加

Sponsored