「Sui(SUI)」上にMMOゲーム「Trantorian」構築へ、ミステンラボとインデルベ提携で

「Sui(SUI)」上にMMOゲーム「Trantorian」構築へ

新興レイヤー1ブロックチェーン「Sui(スイ)」上に、宇宙をテーマにしたMMO(多人数同時参加型オンライン)ゲーム「Trantorian(トラントリアン)」が構築されることが3月8日発表された。

これにあたり「Sui」開発のミステンラボ(Mysten Labs)と「Trantorian」開発元のブロックチェーンゲーム開発企業インデルベ(Indelve)が戦略的パートナシップを締結している。なお「Trantorian」はインデルベが開発する初のブロックチェーンゲームになるとのこと。

なお「Trantorian」は、NFTを活用した3Dによる宇宙探査・戦闘・経済・文明開発ゲームとのことだ。

ミステンラボとは

「Sui」の開発を行うミステンラボは、メタ(Meta)のブロックチェーン研究開発部門であるディエム(Diem)の元リードエンジニアたちによって設立された企業。同社はディエムでの開発経験を活かし、あらかじめ10億人のユーザーが利用することを想定してブロックチェーンの構築を進めている。

なお「Sui」はディエム開発の開発言語「Move(ムーブ)」を採用している。また「Sui」の他に、ディエムの開発チームに所属していた元メンバーによって開発されているL1ブロックチェーン「アプトス(Aptos)」でも、「Sui」と同じく開発言語には「Move」が採用されている。

「Sui」は昨年11月、外部バリデーター向けのテストネットローンチをしている。

関連ニュース

参考:Mysten Labs
デザイン:一本寿和

images:iStocks/Besiki-Kavtaradze

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

大津賀新也

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

合わせて読みたい記事

【4/19話題】アプトスラボが金融機関向けプラットフォーム「Aptos Ascend」構築へ、バイナンスが違約金支払いインド再参入かなど

アプトスラボ、マイクロソフト・SKテレコム・ボスコンらと提携。金融機関向けプラットフォーム「Aptos Ascend」構築へ、バイナンス、約3億円の違約金を支払いインド再参入か=報道、バイナンスがドバイでVASPライセンス取得、個人投資家にもサービス提供可能に、バイナンス、トークンローンチプラットフォーム「Megadrop」公開。「BounceBit(BB)」取扱へ、イーサリアムのモバイルOS開発「ethOS」、web3スマホ「ethOS phone」発売開始、米クラーケン、独自開発のセルフカストディウォレット「Kraken Wallet」リリース、OKX、レイヤー2ブロックチェーン「X Layer」ローンチ