SWIFT、CBDC国際間決済ソリューション開発を次フェーズに移行

SWIFT、CBDCソリューション開発を次フェーズに移行

国際銀行間ネットワークシステムを提供するSWIFT(スウィフト)が、各国の中央銀行デジタル通貨(CBDC)を相互連携させる実験的ソリューションの開発を次フェーズへ移行することを3月9日発表した。

SWIFTによると、実験に参加した18の中央銀行および商業銀行が同ソリューションのレビューした結果、「明確な可能性と価値」が認められたとのこと。これを受けSWIFTは今後数ヶ月のうちに、各国中央銀行がさらにテストできる決済用ソリューションのベータ版を開発する予定だとしている。

SWIFTらは同ソリューションの実験において、2つの異なるブロックチェーンネットワーク間および既存のフィアット(法定通貨)ベースの決済システムとの間で約5,000件の取引をシミュレーションしたという。中央銀行および商業銀行の参加者は、異なるプラットフォームにて構築されたCBDCであっても、シームレスな交換が可能であることを確認し、その結果このソリューションの継続的な開発への強い支持を表明したとのことだ。

なおベータ版開発に加え、第2段階のサンドボックステストも行うことが決定したとのこと。証券決済や貿易金融、条件付き決済などの新たなユースケースについて参加者と協力していくとの意向が示されている。

なおサンドボックスに参加するのは、フランス銀行(Banque de France)、ドイツ連邦銀行(Deutsche Bundesbank)、シンガポール通貨庁(Monetary Authority of Singapore)、BNPパリバ(BNP Paribas)、HSBC、インテサ・サンパオロ(Intesa Sanpaolo)、ナットウエスト(NatWest)、カナダロイヤル銀行(Royal Bank of Canada)、SMBC、ソシエテジェネラル(Société Générale)、スタンダードチャータード(Standard Chartered)、UBSとのことだ。

SWIFTの最高イノベーション責任者であるトム・シャッハ(Tom Zschach)氏は「我々の実験は、デジタル通貨と伝統的な通貨が共存する金融エコシステムにおいて、SWIFTが果たすことのできる重要な役割を示しました。私たちのAPIベースのCBDCコネクタは、2つの異なるブロックチェーンネットワークと従来の法定通貨との間の約5,000件の取引で堅牢であることが証明されており、それをさらに開発するためにコミュニティのサポートを得られたことを嬉しく思っています。多くの参加者が(CBDCの)相互運用性についての継続的な協力を望んでいることを明らかにしており、これは特に喜ばしいことです」とリリースにてコメントしている。

SWIFTは昨年10月に、既存の金融インフラ上でCBDCおよびトークン化された資産のシームレスな転送に成功したことを発表していた。

WIFTはトークンの転送に関する複数のプロジェクトに参加しており、そのうち「異なるブロックチェーン間におけるCBDCのクロスボーダー取引」と、「複数のプラットフォームで発行されたトークン化資産の現金決済」の2つの実験に成功したとしていた。

関連ニュース

参考:SWIFT
デザイン:一本寿和

images:iStocks/Foryou13

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

大津賀新也

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

合わせて読みたい記事

【4/16話題】香港でビットコインとイーサリアムの現物ETFが承認、STEPNがアディダスとNFTスニーカーなど

香港SFC、ビットコインとイーサリアムの現物ETFを承認、STEPNがアディダスと提携、1000個限定のコラボNFTスニーカー発売へ、独連邦銀行LBBW、暗号資産カストディ事業に参入へ、お好み焼専門店「千房」がLINE NEXTと提携、クーポン等をNFTで販売へ、アスターの「Astar zkEVM」が問題解決で正常稼働、「Polygon CDK」に原因と報告、モジュール型ブロックチェーン「Avail」がエアドロップ実施か、X匿名アカウントがリーク、ブエノスアイレス当局がワールドコイン(WLD)提訴、ユーザー保護法違反で1.7億円の罰金可能性も

モジュール型ブロックチェーン「Avail」がエアドロップ実施か、X匿名アカウントがリーク

モジュラーブロックチェーンプロジェクトのアベイル(Avail)が、独自トークン「AVAIL」のエアドロップを実施する予定のようだ。このことは4月11日にX匿名アカウントBitcoineo氏が同エアドロップに関する情報を投稿した際に、アベイルの広報担当が「リーク情報」としたことで分かった

【4/12話題】ワールドコインのユーザー数が1000万人、メルカリのビットコイン取引サービス利用者数200万人など

【取材】グリー初のブロックチェーンゲーム、「釣りスタ」で「Sui」採用、自民党が「web3ホワイトペーパー2024」策定、暗号資産取引の申告分離課税の検討やレバレッジ倍率等に提言、ソラナ(SOL)の混雑問題改善に向け修正版ソフトウェアがリリース、テスト実施へ、Chainlink、クロスチェーンメッセージングアプリ「Transporter」リリース、Japan Open Chainと日本郵便、山形県山辺町の「NFTアート」発行・販売へ、米ジェミナイ、英サッカークラブ「RBFC」へ約7億円のビットコイン投資、アニモカジャパンがNFTローンチパッドを今夏提供へ、プロジェクトの募集も