SWIFTとアクセンチュア、中銀デジタル通貨での国際決済に関する共同論文発表

SWIFTとアクセンチュア、中銀デジタル通貨での国際決済に関する共同論文発表

SWIFT(国際銀行間通信協会)とアクセンチュア(Accenture)が中央銀行デジタル通貨(CBDC)に関する共同論文を5月11日発表した。

この共同論文「中央銀行のデジタル通貨を探る:国際決済にどのように役立つのか(Exploring central bank digital currencies: How they could work for international payments)」では、国際的な決済におけるCBDCの機会と課題が論じられており、「CBDCが国や地域を越えて移動する方法」、「既に存在する通貨の組み合わせにCBDCを統合する方法」、そして「そのような方法へシフトする現実性」を探り、CBDCが国際的な決済において実行可能なソリューションとなるために必要なことを説明するとしている。

論文概要によると「CBDCの成功には相互運用性が鍵となる」としており、CBDCの継続的な探求は可能な限り既存の決済レールを活用し、新しいソリューションは現在のインフラの延長線上にあるものとなり、SWIFTはCBDCを含む決済エコシステムにおいて独自の役割を果たすことになると結論づけたと説明している。

SWIFTのChief Innovation Officerであるトーマス・ズシャック(Thomas Zschach)氏は「CBDCをベースにした決済インフラを効率化し、より広い経済圏と相互運用できるようにするには、いくつかの新しい課題があります。しかし大半は既存の決済ソリューションが直面している課題と同じです。

SWIFTは中立で通貨にとらわれない協同組合として、200カ国以上の11,000の機関にサービスを提供し、世界中の中央銀行に監視されているため、この議論や将来のお金の進化に密接に関わることができる立場にあります。

私たちはCBDCに関連する問題についてコミュニティを積極的にサポートし、エンド・ツー・エンドの即時取引という戦略的ビジョンに沿った責任あるイノベーションを推進することを楽しみにしています」と述べている。

編集部のコメント

SWIFTは国際銀行間の送金や決済に利用される安全なネットワーク等を提供する非営利法人です。1万を超える世界中の金融機関が、SWIFTの標準化された通信フォーマットを利用して日々大量の決済業務等を行っています。

参考:SWIFT「中央銀行のデジタル通貨を探る:国際決済にどのように役立つのか(Exploring central bank digital currencies: How they could work for international payments)」

(images:iStocks/Pavel_R・Ninja-Studio

この記事の著者・インタビューイ

あたらしい経済 編集部

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

合わせて読みたい記事

【5/23話題】コロプラ子会社がゲーム内のデジタル宝石に投資するファンド、「FIT21法案」が米下院で可決など

コロプラのBrilliantcrypto、ゲーム内のデジタル宝石に投資する100万ドル規模のファンド組成、SECとCFTCのデジタル資産規制管轄権を明確化する「FIT21法案」が米下院で可決、ウィズダムツリーと21シェアーズ、暗号資産ETPをロンドン証券取引所に上場へ、香港規制当局、ワールドコイン(WLD)に業務停止を指示 プライバシー保護を理由に、ユニスワップがSECの「ウェルズ通知」に対する回答発表、裁判で争う姿勢も、オアシス(OAS)が韓国暗号資産取引所アップビットに上場、国内初、Zaifにスケブコイン(SKEB)上場、CryptoPunksがアーティストとのコラボプログラム開始、芸術家ニーナシャネルアブニーがNFT展開へ

【5/22話題】車のサブスクKINTOが安全運転でNFT発行の実証実験、メルカリがイーサリアム取引サービス開始など

トヨタのサブスクKINTO、安全運転ドライバーにNFT(SBT)発行の実証実験、メルカリ、イーサリアム(ETH)取引サービス開始、イーサリアム現物ETF上場承認に期待、SECが取引所に申請書修正を要請、共和党トランプ陣営、複数の暗号資産で政治資金の寄付受け入れ開始、NTTデジタルが新プロジェクト「web3 Jam」立ち上げ、ブロックチェーン活用で円滑な企業連携めざす、ブラジル中央銀行、暗号資産規制について年末での提案を計画、ビットトレードにソラナ(SOL)上場へ、SBIホールディングス、ブロックチェーンノードサービス提供のChainstackへ出資