バイナンス、日本円ステーブルコイン「GYEN」の取引を停止 一時再開するも再度停止に

バイナンス、日本円ステーブルコイン「GYEN」の取引を停止

大手暗号資産取引所バイナンス(Binance)が日本円ペッグのステーブルコイン「GYEN」の取引を5月12日AM11:15(世界協定時間)に停止した。なお現状のところ再開日時は不明だ。

「GYEN」は5月5月12日午前7:00(世界協定時間)よりBTC/GYENおよびUSDT/GYENの取引ペアにて取引が開始されたが、その後バイナンスは大きな価格変動を理由に同日12日AM7:34に一時的な取引中止を発表した。

その後発表のとおり、取引再開を同日AM11:00よりするも、再び「GYENの価格の流動性の不足と異常なボラティリティのため」と説明し、わずか15分にて再び取引の停止に至った。

リリースによると、取引の再開については改めて発表があるとのことだ。

「GYEN」はGMOトラスト(GMO-Z.com Trust Company)が発行する世界で初めて規制された日本円ペッグのステーブルコインとなっている。2020年12月29日にGMOトラストはニューヨーク州銀行法に基づき、有限責任信託会社として運営することをニューヨーク州金融サービス局により認可されている。なおGYENは日本国外で流通するものであり、日本国内居住者への販売は対象外となる。

#CONNCTVにて「GYEN」の取引停止について緊急解説を行っています。併せてご覧ください。

「GYEN」の取引停止についての解説動画

関連ニュース

バイナンス、GMO開発の円のステーブルコイン「GYEN」を5月12日に取扱開始

参考:取引一時停止のリリース停止のリリース

(images:iStocks/Dmytro-Rohovyi

この記事の著者・インタビューイ

あたらしい経済 編集部

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

合わせて読みたい記事

【3/1話題】イーサL2「Blast」がメインネットローンチ、ワールドコインのTFHがSolanaウォレット企業買収など

イーサL2「Blast」、メインネットをリリース、ワールドコイン(WLD)関連企業TFHがSolanaウォレット「Ottr」買収。チームは「World App」開発に移行、GINKAN、「実世界の決済データとNFT情報を統合する技術」で特許取得、バイナンスにクロスチェーンプロトコル「Axelar(AXL)」上場へ、オーケーコインジャパンにエイプコイン(APE)上場へ、米マイニング企業マラソン、ビットコイン(BTC)のL2ネットワーク「Anduro」をローンチ、テレグラム、TONブロックチェーンで広告収入共有へ、香港が「デジタル人民元」の試験運用範囲拡大へ、クロスボーダー決済効率化で、グレースケール、SECに「現物ビットコインETF」のオプション承認を働きかける

ワールドコイン(WLD)関連企業TFHがSolanaウォレット「Ottr」買収。チームは「World App」開発に移行

暗号資産(仮想通貨)プロジェクト「ワールドコイン(Worldcoin)」関連企業のツールズ・フォー・ヒューマニティ(TFH:Tools For Humanity)が、ソラナ(Solana)基盤のウォレット「オットルウォレット(Ottr Wallet)」開発元のオットルファイナンス(Ottr Finance)を買収した