ミステンラボがアリババクラウドと提携、「Sui(SUI)」のweb3エコシステム開発に向け

ミステンラボがアリババクラウドと提携

「Sui(スイ)」ブロックチェーンを開発するミステンラボ(Mysten Labs)が、クラウドコンピューティングサービスであるアリババクラウド(Alibaba Cloud)との提携を3月7日発表した。「アリババクラウド Day Dubai Summit 2023」で発表された。

アリババクラウドは現在、企業向けweb3プロダクトとして「BaaS(Blockchain as a Service)」や「マネージドフルノードサービス」などを提供している。

またweb3ソリューションとしてはAI活用のデジタル本人確認ソリューション「ZOLOZ / eKYC Engine」や「スマートコントラクト監査サービス」、「ウォレットアズアサービス」も提供している。

この提携により両社は、「スイ」ネットワーク上で持続可能なweb3エコシステムを開発していくとのこと。

ミステンラボは今回の提携により、アーカイブノード、セキュアなクラウドインフラストラクチャ、Eコマース、ペイメント(支払い)に関する新たな展開を行うとしている。

ミステンラボとは

「スイ」の開発を行うミステンラボは、メタ(Meta)のブロックチェーン研究開発部門であるディエム(Diem)の元リードエンジニアたちによって設立された企業。同社はディエムでの開発経験を活かし、あらかじめ10億人のユーザーが利用することを想定してブロックチェーンの構築を進めている。

なお「スイ」はディエム開発の開発言語「Move(ムーブ)」を採用している。また「スイ」の他に、ディエムの開発チームに所属していた元メンバーによって開発されているL1ブロックチェーン「アプトス(Aptos)」でも、「スイ」と同じく開発言語には「ムーブ」が採用されている。

ミステンラボは今年2月10日、スイ成長の為に中国の大手IT企業テンセント(Tencent)のクラウド事業「テンセントクラウド(Tencent Cloud)」と提携している。

また「スイ」は昨年11月、外部バリデーター向けのテストネットを公開しており、またミステンラボとしては9月に、「スイ」のアジア太平洋地域での拡大に向けてシリーズBラウンドにて3億ドル(約430億円)の資金調達を完了している。

関連ニュース

参考:Mythen Labs
images:iStock/Robert Way

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

一本寿和

「あたらしい経済」編集部
記事のバナーデザインを主に担当する他、ニュースも執筆。
「あたらしい経済」で学んだことを活かし、ブロックチェーン・NFT領域のバーチャルファッションを手がけるブランド「JAPAN JACKET」を2021年10月より共同創業。

「あたらしい経済」編集部
記事のバナーデザインを主に担当する他、ニュースも執筆。
「あたらしい経済」で学んだことを活かし、ブロックチェーン・NFT領域のバーチャルファッションを手がけるブランド「JAPAN JACKET」を2021年10月より共同創業。

合わせて読みたい記事

【2/22話題】スターテイルがサムスンらから約5億円調達、エルフトークン(ELF)の付与延期「協議中の事項」でなど

アスター渡辺創太のスターテイル、サムスンとUOB銀行から約5億円の追加調達、国内5例目IEO「エルフトークン(ELF)」の付与延期、ハッシュパレットとビットフライヤーで「協議中の事項」により、PBADAO、暗号屋、幻冬舎がブロックチェーンエコシステム研究所「TRI」発足、ユースケースが学べるレポート公開、Zaifが今春からステーキングサービス提供へ、チューリンガムと共同開発で、オーケーコインジャパンにソラナ(SOL)上場へ、メタマスクの「セキュリティアラート」、ポリゴンやアバランチ、BNBチェーンなどでも利用可能に、イーサリアムL2のOptimism、4回目の「OP」エアドロップ開始、韓国与党、暗号資産収益への課税を2年延期の提案=報道、バイナンス、レバレッジトークンのサービス廃止へ、Japan Fintech Weekサイドイベント「MPCウォレットFireblocksが変えるWeb3金融ビジネス」2/28開催

【国内初】オーケーコイン・ジャパンにアプトス(Aptos)上場へ、2月26日よりAPTが当たるキャンペーンも

国内暗号資産(仮想通貨)取引所オーケーコイン・ジャパン(OKCoinJapan)が、アプトス(APT)の上場予定を発表した。上場は2月26日17時の予定で、アプトス(APT)の取り扱いは国内の取引所では初の事例となる。なお今回の発表に合わせ、同社はAPT上場記念キャンペーンの開催も発表した(詳細記事後半)。

Sponsored