ミステンラボがテンセントクラウドと提携、「Sui(SUI)」エコシステム成長に向け

Mythen LabsとTencent Cloudが提携

「Sui」ブロックチェーンを開発するミステンラボ(Mythen Labs)が、中国のテンセントクラウド(Tencent Cloud)との提携を2月10日発表した。

テンセントクラウドは、モバイルウォレット「ウィーチャット・ペイ(WeChat Pay)」を提供する大手IT企業テンセント(Tencent)のクラウド事業だ。テンセントクラウドは世界中の組織や企業にクラウド製品を提供している。

今回の提携は、新興レイヤー1ブロックチェーン「Sui」のエコシステム成長に向けた取り組みによるもので、ミステンラボとテンセントクラウドはGameFi(ゲーム×金融)、ペイメント(決済)、クラウドサービスといった3つの分野でコラボレーションしていくとのこと。

「Sui」の開発を行うミステンラボは、メタ(Meta)のブロックチェーン研究開発部門であるディエム(Diem)の元リードエンジニアたちによって設立された企業。同社はディエムでの開発経験を活かし、あらかじめ10億人のユーザーが利用することを想定してブロックチェーンの構築を進めている。

なお「Sui」はディエム開発の開発言語「Move(ムーブ)」を採用している。また「Sui」の他に、ディエムの開発チームに所属していた元メンバーによって開発されているL1ブロックチェーン「アプトス(Aptos)」でも、「Sui」と同じく開発言語には「ムーブ」が採用されている。

「Sui」は昨年11月、外部バリデーター向けのテストネットを公開しており、またミステンラボとしては9月に、「Sui」のアジア太平洋地域での拡大に向けてシリーズBラウンドにて3億ドル(約430億円)の資金調達を完了している。

関連ニュース

参考:Mythen Labs
デザイン:一本寿和
images:iStocks/greenbutterfly

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

一本寿和

「あたらしい経済」編集部
記事のバナーデザインを主に担当する他、ニュースも執筆。
「あたらしい経済」で学んだことを活かし、ブロックチェーン・NFT領域のバーチャルファッションを手がけるブランド「JAPAN JACKET」を2021年10月より共同創業。

「あたらしい経済」編集部
記事のバナーデザインを主に担当する他、ニュースも執筆。
「あたらしい経済」で学んだことを活かし、ブロックチェーン・NFT領域のバーチャルファッションを手がけるブランド「JAPAN JACKET」を2021年10月より共同創業。

合わせて読みたい記事

【4/19話題】アプトスラボが金融機関向けプラットフォーム「Aptos Ascend」構築へ、バイナンスが違約金支払いインド再参入かなど

アプトスラボ、マイクロソフト・SKテレコム・ボスコンらと提携。金融機関向けプラットフォーム「Aptos Ascend」構築へ、バイナンス、約3億円の違約金を支払いインド再参入か=報道、バイナンスがドバイでVASPライセンス取得、個人投資家にもサービス提供可能に、バイナンス、トークンローンチプラットフォーム「Megadrop」公開。「BounceBit(BB)」取扱へ、イーサリアムのモバイルOS開発「ethOS」、web3スマホ「ethOS phone」発売開始、米クラーケン、独自開発のセルフカストディウォレット「Kraken Wallet」リリース、OKX、レイヤー2ブロックチェーン「X Layer」ローンチ