Suiブロックチェーンがトークン「SUI」発行へ、IEOの実施も

Suiブロックチェーンがトークン発行

新興レイヤー1ブロックチェーンのSui(スイ)がネイティブトークン「SUI」を発行し、IEO(イニシャル・エクスチェンジ・オファリング)を実施することを4月15日に発表した。

IEOはクーコイン(Kucoin)、バイビット(Bybit)、オーケーエックス(OKX)の3つの海外暗号資産(仮想通貨)取引所で行われる予定である。

Suiはメタ(Meta)のブロックチェーン研究開発部門であるディエム(Diem)の元リードエンジニアたちによって設立されたミステンラボ(Mysten Labs)によって開発されたブロックチェーンである。なお「SUI」はSuiでのガス代(取引手数料)やガバナンストークンとして利用されるトークンだ。

Suiは現在テストネットを稼働しており、誰でもテストネットを利用できる状態にある。ツイッターなどでは「SUI」のエアドロップを受け取る方法などとして、テストネットの利用を促すユーザーが見られていた。

しかしSuiは以前からエアドロップの予定はないことを発表しており、共同創業者のアデニイ・アビオドゥン(Adeniyi Abiodun)氏も「無意味な情報を流すな。SUIのエアドロップは実施せず、今後も実施する予定はない」と4月10日にツイッターで発言している。

テストネット利用者に対するエアドロップは実際になかったが、エコシステムの貢献者向けにIEOにて「SUI」を早期購入できる権利が付与されることが発表されている。対象となるのはSuiの公式ディスコードに2月1日以前から加入しているアクティブメンバーのみである。

関連ニュース

参考:Sui
デザイン:一本寿和
images:iStocks/koyu・BadBrother

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

田村聖次

和歌山大学システム工学部所属
格闘技やオーケストラ、茶道など幅広い趣味を持つ。
SNSでは、チェコ人という名義で、ブロックチェーンエンジニアや、マーケターとしても活動している。「あたらしい経済」の外部記者として記事の執筆も。

和歌山大学システム工学部所属
格闘技やオーケストラ、茶道など幅広い趣味を持つ。
SNSでは、チェコ人という名義で、ブロックチェーンエンジニアや、マーケターとしても活動している。「あたらしい経済」の外部記者として記事の執筆も。

合わせて読みたい記事

【11/29話題】バイナンス前CEOのCZがUS会長職を退く、TISとフィナンシェがIEO支援サービスなど

バイナンス前CEOのCZ、Binance.USの会長職を退く、BitMEX元CEOアーサーヘイズ、米国のCZとBinanceへの扱いを「馬鹿げている」と主張、IMF、世界銀行、BIS、が初の「トークン化」協力へ=ロイター、TISとフィナンシェ、「IEO支援サービス」提供開始、コイントレード、アバランチ(AVAX)のステーキングサービス提供開始、オーケーコインジャパンにドージコイン(DOGE)上場へ、国内9例目、ビットバンク、ギャンブルサイトへの取引を制限、アニモカブランズ、UAEのゲームスタジオ「Farcana」へ出資

Sponsored