ユニスワップV3が「Polygon zkEVM」でローンチへ、ガバナンス投票が可決

ユニスワップV3がPolygon zkEVMでローンチへ

大手DEX(分散型取引所)のユニスワップ V3(Uniswap V3)を「ポリゴンzkEVM(Polygon zkEVM)」上でのローンチを提案するガバナンス投票が4月14日に可決された。

このガバナンス投票は4月9日に開始され、約4,245万票が投じられた。なおこのガバナンス投票に投じられたすべての票がこの提案に賛成するものであった。

「ポリゴンzkEVM」は、ポリゴンラボ(Polygon Labs)が開発するイーサリアム(Ethereum)のレイヤー2スケーリングネットワークだ。3月27日にメインネットのβ版が公開されている。

「ポリゴンzkEVM」では、ゼロ知識証明(zero-knowledge proof:zkp)の活用により複数のトランザクション(取引)を1つのトランザクションとしてまとめて処理し、元のブロックチェーンに送信することでスケーラビリティ問題の解決を目指している。

また同ネットワークは、イーサリアム上でスマートコントラクトを実行するEVM(Ethereum Virtual Machine)と互換性があるため、イーサリアム上での開発で利用しているコードやツールをそのまま使用できるという特徴がある。

現在「ポリゴンzkEVM」上には、DEXのクイックスワップ(Quickswap)や分散型SNSのレンズ(Lens)などのプロダクトが稼働している。

ユニスワップV3は先日、バイナンスが開発するブロックチェーン「BNBチェーン」での展開が可決し、3月16日よりサービス開始されている。またレイヤー1ブロックチェーンのアバランチ(Avalanche)やマルチチェーンレイヤー2スケーリングソリューションのボバネットワーク(Boba Network)でのローンチもガバナンス投票で可決されている状況だ。

なおユニスワップV3は現在、イーサリアム(Ethereum)、ポリゴン(Polygon)、オプティミズム(Optimism)、アービトラム(Arbitrum)、セロ(Celo)、BNBチェーン(BNB Chain)の6つのブロックチェーンで利用可能となっている。

関連ニュース

参考:ユニスワップ
デザイン:一本寿和
images:iStocks/artacet

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

田村聖次

和歌山大学システム工学部所属
格闘技やオーケストラ、茶道など幅広い趣味を持つ。
SNSでは、チェコ人という名義で、ブロックチェーンエンジニアや、マーケターとしても活動している。「あたらしい経済」の外部記者として記事の執筆も。

和歌山大学システム工学部所属
格闘技やオーケストラ、茶道など幅広い趣味を持つ。
SNSでは、チェコ人という名義で、ブロックチェーンエンジニアや、マーケターとしても活動している。「あたらしい経済」の外部記者として記事の執筆も。

合わせて読みたい記事

【7/18話題】ステートストリートが独自ステーブルコイン検討、ビットトレードの全取引ペアの売買手数料が無料化など(音声ニュース)

ステートストリート、独自ステーブルコインの発行検討か=報道、香港規制当局ら、ステーブルコイン発行体のライセンス取得義務についての協議結果を報告、早期立法化へ、ビットトレード、全取引ペアの売買手数料を無料化へ、BTC担保の米ドルステーブルコイン「USDh」、BTCトークン規格「Runes」でローンチ、Polygon LabsがZK証明システム「Plonky3」公開、オープンソースに、マウントゴックスが債権者への弁済を報告、クラーケンへ48,641BTC送金も、ドイツ当局、ビットコイン売却で28.8億ドルの収益、スタンダードチャータード銀行支援のZodia Markets、Elwoodの暗号資産OTC事業を買収、テレグラムの「TON」、ビットコイン間のトークンブリッジサービス「トンテレポートBTC」発表