バイナンスで英ポンド一時入出金停止へ、新たな決済業者探しへ

バイナンスで英ポンド一時入出金停止へ

大手暗号資産(仮想通貨)バイナンス(Binance)が、グローバル版バイナンスでの英ポンド(GBP)の入出金を5月22日から停止するようだ。バイナンスがユーザーに送付したと思われるメールで明らかになった。

バイナンスは英ポンドの決済事業者スクリル(Skill)より、英ポンド(GBP)の入出金サービスの提供を停止する通知を受けたとのこと。これにより英ポンドの入出金機能「高速決済サービス(FPS)」と「カード」が停止されるとのこと。なお出金サービスの停止については、後日詳細が発表されるようだ。

またバイナンスは、今回の停止に関しユーザーのバイナンスアカウントや取引所「Binance.com」で利用可能なその他の商品、サービスには影響がないと説明している。

なおバイナンスは、ユーザーに英ポンドの入出金サービスを提供するために、代替の決済事業者探しに懸命に取り組むとしている。

バイナンスと英国

バイナンスは2021年6月にイギリス金融規制当局であるFCA(金融行動監視機構)から、サービス停止の通知を受けている。またFCAバイナンスについて、同国にて規制されていない取引所であるとして消費者に対し警告を行っている。

FCAは、バイナンスグループが英国の顧客にWebサイト「Binance.com」を介してサービスを提供しているとして指摘しており、ローンチ前のバイナンスUKとその運営会社であるBinance Markets Limitedおよびバイナンスグループが英国にて規制に準拠するライセンスを保持していないと説明をしている。

なおバイナンスUKのホームページでは現在、「バイナンスの英国拠点の企業バイナンスマーケッツ(Binance Markets)は英国の規制下で活動することが許可されておらず、まだいかなるビジネスも行っていない」と、FCAからの要請を受けたことについての声明が表示されている。

関連ニュース

参考:Binance
images:iStocks/LuckyStep48

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

一本寿和

「あたらしい経済」編集部
記事のバナーデザインを主に担当する他、ニュースも執筆。
「あたらしい経済」で学んだことを活かし、ブロックチェーン・NFT領域のバーチャルファッションを手がけるブランド「JAPAN JACKET」を2021年10月より共同創業。

「あたらしい経済」編集部
記事のバナーデザインを主に担当する他、ニュースも執筆。
「あたらしい経済」で学んだことを活かし、ブロックチェーン・NFT領域のバーチャルファッションを手がけるブランド「JAPAN JACKET」を2021年10月より共同創業。

合わせて読みたい記事

【4/12話題】ワールドコインのユーザー数が1000万人、メルカリのビットコイン取引サービス利用者数200万人など

ワールドコイン(WLD)、「World App」ユーザー数が1000万人突破、メルカリのビットコイン(BTC)取引サービス、利用者数200万人突破。サービス開始1年で、米サークル、ブラックロックのトークン化ファンド「BUIDL」を「USDC」に交換可能に、川崎重工とSettleMint、ブロックチェーン活用による品質管理の実証実験、GMOコイン、レバレッジ取引に6銘柄追加。ソラナ(SOL)やコスモス(ATOM)など、米ドルステーブルコイン「FDUSD」、Sui(SUI)上にローンチ、Bitfinex Securities、ヒルトンホテルへの資金提供としてエルサルバドル初のトークン化債券を導入、バイナンス、米当局と和解後にコンプライアンス遵守へ向け注力、新CEO語る、a16z crypto、ゼロ知識証明を用いたソリューション「Jolt」リリース、米クラーケン、アイルランドとベルギーで「モネロ(XMR)」上場廃止へ